昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ヨガ仙人・片岡鶴太郎(67)が“爆渋イケオジ”にキャラ変「今の気分は抜け感のある大人のグランジ」《ファッションオタク歴50年》

片岡鶴太郎さんインタビュー#1

genre : エンタメ, 芸能

 モノマネ、ボクシング、俳優、画家、そしてヨガ……テレビタレントと文化人の間を自在に行き来するのが、芸歴50年の片岡鶴太郎(67)だ。ヨガを極めたストイックな容姿はTwitterで《リアル・ダルシム》*とさえいわれていたが、この1年で「いつの間にかイケオジに激変してた!」と話題になっている。

 かつて《油ギッシュ》《抱かれたくない芸能人No.1》といわれた男が今、ダンディな髭を蓄え、エフォートレスな装いを披露し始めた理由とは。(全3回の1回目/2回目を読む)

*ゲーム『ストリートファイター』に登場するインドの修行僧

◆ ◆ ◆

©文藝春秋 撮影/松本輝一

髭はコロナ禍の産物「俺、どこまで真っ白なんだ?」

──インスタグラムでのセルフコーデ姿が《渋いイケオジ!》《意外な姿を見た》と評判です。

片岡 本当ですか? うれしいなあ。インスタは1年ほど前に始めて、最初は出演情報や周りの風景を載せてたんです。でもある日、出かける前の普段着姿をアップしたら好評で。私服コーデを載せ始めてから、まだ2ヵ月くらいなんですよ。

本人のインスタグラムより

──インスタの写真がすべて髭姿なのも驚きました。いつから伸ばしたんですか?

片岡 髭は1年近くになります。実はこれ、コロナ禍の産物なんです。

──ファッションとして伸ばしたわけじゃない?

片岡 違うんです。コロナ前までは月に1回、ヘアメイクさんに来てもらって、髪のカットをお願いしてたんですよ。ところが世の中がステイホームに入り、人をお迎えしにくくなったので、髪を半年ほど切らないままでいたんです。

 髭は毎日自分で剃ってたんですけどね。67歳ですから、剃ったものを見ると真っ白で。ふと「俺が髭を伸ばしたら、顔のどこまで真っ白になるんだ?」と思って、2,3日放置してみたんです。この何十年間で、剃らなかったのは初めてでした。

©文藝春秋 撮影/松本輝一

髭スタイルは外国人ファッションモデルを参考に

──周囲の反応はいかがでしたか?

片岡 剃らないまま打ち合わせに行ったら「その髭、いいですね。ちょっと写真撮りましょう」となって。それをうちの事務所のスタッフに見せたら「いいじゃないですか!」と。

 自分としては無精髭なので、「俺への忖度でそう言ってるんじゃない?」と疑ったんですが、「いやいや、髭いいですよ」と言われて。それで伸ばし始めたんです。