昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「妻と男が手を繋いで歩いていても心配なく!夫公認なので」と…セックスレスで悩んだ夫婦が語る、妻の彼氏と暮らした10ヶ月

わかぴょん・みか夫婦インタビュー#4

 昨年「文春オンライン」でインタビューした結婚14年目のわかぴょん・みかさん夫婦。結婚して間も無くセックスレスに悩んだみかさんは、夫のわかぴょんさん公認で婚外恋愛を始めた。そんな2人が、先日、離婚したことを自身のYouTubeチャンネルで発表した。

 みかさんと彼氏の関係や、わかぴょんさんとのすれ違い、離婚の真相ついてなど、詳しく話を聞いた。(全4回の4回目/最初から読む)

わかぴょんさんとみかさん ​​©深野未季/文藝春秋

◆◆◆

大人4人無職で、同居生活をスタート

――わかぴょんさんは、積極的に育児に協力するために会社を退職したと。となるとわかぴょんさん、みかさん、みかさんの彼氏の3人は全員無職になるんですね。

わかぴょん そうです。正直怖かったですね(笑)。お金はどうしようかとか、次の仕事は簡単に見つかるのかなとか。40代半ばでいきなり無職ですからね。

 でも終電までずっと働いて、育児はみかに任せっきりで、平日は子どもと話すこともほとんどない会社人間だったので、自分の人生を見つめ直す良いきっかけだなと、ポジティブに捉えていました。

――ちなみにお2人の状況は、近所の方やご友人などには伝えていたのでしょうか。

みか 私は彼氏との写真をブログに上げていました。家族の状況も書いていたし、メディアに出る機会も増えていたので、周りは知っている方が多かったです。

​​©深野未季/文藝春秋

わかぴょん 僕もfacebookで「妻と彼氏が手を繋いで街を歩いていてもご心配なく! 夫公認なので」って投稿していました。近所の人は、みかと男の人が仲良く歩いていたら「わかぴょんの家どうなってるの?」ってびっくりしちゃうと思っていたので。

――その後わかぴょんさんたちの生活はどうなっていくのでしょうか。

わかぴょん みんなで育児や家事の分担をしながら楽しく生活をしていたんですが、やっぱり当たり前ですけど、金銭的に厳しくなってしまって。貯金も底をつきそうになってしまったので、同居を解消しました。

みか 同時に、その流れで私も彼と別れることになりました。