昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「妻を抱かなくてはいけないというプレッシャーが…」結婚1年目でセックスレスになった夫婦が語る、妻に彼氏ができた日

わかぴょん・みか夫婦インタビュー#3

 昨年「文春オンライン」でインタビューした結婚14年目のわかぴょん・みかさん夫婦。結婚して間も無くセックスレスに悩んだみかさんは、夫のわかぴょんさん公認で婚外恋愛を始めた。そんな2人が、先日、離婚したことを自身のYouTubeチャンネルで発表した。

 みかさんと彼氏の関係や、わかぴょんさんとのすれ違い、そして離婚の真相についてなど、詳しく話を聞いた。(全4回の3回目/続きを読む)

わかぴょんさんとみかさん ​​©深野未季/文藝春秋

◆◆◆

妻と彼氏の関係

――前回の記事の反響はありましたか。

わかぴょん たくさんのご意見をいただきました。周りの友達に「記事を見たよ」と言われることもありましたし、YouTubeを見てくれる人が増えました。

みか 賛否両論ありましたけど、どちらの意見にしろ読んでくださるのは嬉しいですね。

わかぴょん 「共感します」という方が多かった事にも驚きました。「今まで誰にも話したことがなかったけど、実は私も悩んでいた……」とコメントくださったり、「諦めずにとことん前向きに話し合っていく姿勢に感動した」という方もいて、すごく嬉しかったです。

――みかさんとわかぴょんさんは結婚して間もなくセックスレスになりました。それでも2人の子どもを得たものの、話し合った結果、婚外恋愛を認め合うことになりました。その後、みかさんと彼の関係はどうなっていったのでしょうか。

みか 「子供を作らないように気をつけること、デート代は彼が持つこと」を条件に、彼との関係がスタートし、その日にデートに行きました。

わかぴょん その日の夜、子供たちを両脇に抱えて一緒に寝ながら「どんなかたちになっても絶対に寂しい思いはさせないからな!」と誓ったことを覚えています。

​​©深野未季/文藝春秋

――実際に交際をはじめていかがでしたか。

みか 私はデートの翌日、ご機嫌で家に帰ったんです。彼と過ごしたことで、それまでの悩みが軽くなり、とても良い時間を過ごすことができました。帰ってからわかぴょんに「惚れ直したで!」と言いました。「このような関係をOKにしてくれてありがとう」という感謝の気持ちも込めて。

わかぴょん 僕は、「妻を抱かなくてはいけない」という長年のプレッシャーからやっと解放され、その上みかから感謝までされて。セックスレスで悩んでいた時は、想像もできなかった良いスタートを切ることになりました。

z