昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

プライベートでは…A氏とはゲームもしない

――YouTubeでの実況チャンネルも配信するなど、伊織さんはゲームにも造詣が深いですよね。ゲームもAさんと一緒にやることはありますか?

伊織 やらないです(笑)。彼の方が『ゲームをやり始めたら、俺、仕事できなくなるから』と言っていました。配信中は基本的に部屋にいないですし、別の部屋で仕事をしています。

撮影/細田忠  ©文藝春秋

 私もお仕事から帰ってきたらすぐに配信を始めますし、翌日がお休みだとわかっている日は夜中の2時、3時頃まで配信しちゃうんですよね。次の日はお昼ぐらいに起きて、顔を洗ってお化粧して、お昼ご飯食べて、APEX(※オンラインの人気ゲーム)の練習をして、その後また夜に配信して……の繰り返しなので、彼とゲームをする時間もないんです。

――告白はどちらからだったのでしょうか? Aさんからですか?

伊織 そうですね。以前、文春さんのえなこちゃんの記事を読んだんですけど、えなこちゃんが『告白したことない』って言っていて。私も告白したことないので、『あ、同じだ!』って思いました。

 実は事務所の社長さんにも『次は伊織に(取材が)来るからね』と言われていたんです。でも、ウチは郊外だし、ハリコミに来るのも大変じゃないですか。だからそこまで信じられなかった一方で、やっぱり表にでる活動をしている以上は『絶対にいつかは(取材が)来るんだろうな』とも思っていました。

――最近は人気のYouTuberさんやタレントさんと出会う機会も多いと思います。気持ちがAさん以外に動いたりする事はありますか?

伊織 一切ないですね。それだけは本当にあり得ないです。付き合ったからにはお互い、誠実にいないといけないと思っているので。相手を心配させてまでやりたいことなんて、ひとつもないですから。

撮影/細田忠  ©文藝春秋

◆◆ 

 10年という長い歳月をずっと傍らで支えていたA氏を、伊織は心から信頼しているようだった。

 人気コスプレイヤー誕生の原点には、心優しいパートナーの存在があった。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(44枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z