昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《真剣交際10年》人気コスプレイヤー・伊織もえに熱愛を直撃インタビュー! 「今の伊織もえがあるのは完全に彼のおかげです」

伊織もえ熱愛 #2

「昨日文春さんから直撃されたあと、車のなかでファンの人の名前が1人ずつ頭に浮かんできて……『〇〇さんショック受けるかな』『どう思うかな』ってずっと考えていました。ただ、これまで自分の口からキチンと言ってこなかったのも自分自身の責任ですし、こうやって説明させていただける場があることはありがたいことです。正直、いつかは来ると思っていたので――」

 2月23日、取材の場に現れた人気コスプレイヤー・伊織もえは、椅子に座り頭を下げると、記者の目をみながらしっかりとした口調でこう答えた。

インタビューに答える伊織 撮影/細田忠  ©文藝春秋

フォロワー300万人超の人気コスプレーヤーの熱愛

「Aさんとは10年近く交際しています」

 SNSの総フォロワー数は300万人以上。海外でも爆発的な人気をもつ、コスプレイヤーの伊織は、この日は白い服にピンクのマスク姿だった。

 恋人のA氏とは付き合い始めて10年の仲だという。伊織がコスプレイヤーになる以前からの交際で、現在はすでに同棲もしており、互いの両親にも紹介済みとのことだ。

 ふたりの出会いのきっかけは何だったのだろうか?

同棲するマンションの部屋を出入りする伊織とA氏 ©文藝春秋

「出会いは……本当にお互いコスプレとか関係のない所です。まだ昼の仕事をしていたときに職場で出会いました。付き合ってから、お互いにコスプレやカメラに目覚めた感じです。私、元々すごく自分に自信がなくて。飲食店でも1人で注文できないぐらい引っ込み思案だったんですよ。そんな私に『(コスプレに興味があるなら)やってみたらいいじゃん』って後押しをしてくれたのが彼なんです。

VTuber白銀ノエルのコスプレをする伊織 本人のインスタグラムより

 これまで『彼氏、いないんだよね』とか『クリスマス、寂しいんだよね』とか、そういう売り方は一切してこなかったので、嘘は言ってないと思っています。ただ、勿論熱心なファンの方の中にはすごいショックを受けてしまう方もいると思うので、そこは本当に申し訳ないなという思いもあります。ただ、プライベートはプライベートだし、恋愛で何かがあってコスプレイヤーとしての“伊織もえ”の活動に支障をきたすような事は1回もしたことはありません。

z