昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/03/19

 当時は企画もなんでもありで、血が出る程度ではケガじゃないというノリだったので。そうすると「あの子、これちょっと苦手なんだって。あさ美ちゃん、やってくれる?」みたいな感じで頼まれるようにもなって。 

ーーでは、当日やることも、現場に着くまでわからないですね。 

熊切 「アドレな!ガレッジ」(テレビ朝日、2004~2009年)では「川田チーム」と「ゴリチーム」に分かれて競うんですけど、「ゴリチーム」のほうがちょっと過激なことをやるんですね。川田チームと聞かされて現場に向かっても、当日、ゴリチームの子ができないって言うので、交代して、結局ゴリチームになったり。 

 

ーーそういう場面でも“前に出て”しまった。 

熊切 人の代わりに体を張ってるうちに、だんだん疲れちゃって。20年前にそうやって体を張っていた方というと、出川(哲朗)さん、上島(竜兵)さんでした。おふたりは大御所ですけど、当時の私は「芸人さんみたいになりたいの?」って聞かれたりして考え込んじゃってたんですよ。「どこに向かっていってるんだろう、私」って。 

クワガタに挟まれたら、スタッフが「あ、そっちじゃなくて…」

ーー過激なものは減りましたが、いまはアイドルが体を張って当たり前になっていますよね。 

熊切 そう。だから、当時の私って珍しかったんですよ。いまって、ジャニーズの方々も体を張るじゃないですか。あんなイケメンで若い子たちがやってしまったら、他の人の仕事がなくなっちゃうんじゃないかって心配しちゃいますよね。 

 私は、体を張る系は一通りやってるんじゃないかなって。バンジー跳んだり、クワガタに挟まれたりとか。 

ーークワガタに挟まれたりって、どこをですか? 

熊切 鼻です。当時は芸人さんが結構やってて、私も「アドレな!ガレッジ」で挟みました。 

 

 発注ミスで大きいクワガタが届いちゃった上に、クワガタを近づけたら右の小鼻をガシッてやられたんですけど、スタッフさんが「あ、そっちじゃなくて、こっちだから」って(鼻の穴と穴の間の鼻柱を指さす)。 

 私も痛いんですけど、「そうか」って言って外して、鼻柱に挟み直して。まぁ、いま思えば楽しいは楽しいんですけど。 

z