昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/03/19

ーーそれでも、帰りとか切なくなりそうですけど。 

熊切 そう、切ないの(笑)。あと、次の収録に向かう時に「今日はなにをやらされるんだろう」って少し不安になったり。 

「ヤバい! もう仕事なくなる」と滝から飛び込んだことも

ーーでも、結局やってしまうんですよね。 

熊切 断ったら仕事がなくなると思ってたので、やってしまってたんですよね。私は泳げないんですけど、8メートルの滝から飛び降りる企画も断れなくて。やっぱり怖くて、2時間ぐらい待たせちゃったんですよ。で、「じゃあ、もういいよ」みたいに言われて「ヤバい! もう仕事なくなる」と思って、急いで飛び込んだりとか。 

 バンジージャンプは、蛭子(能収)さんが「できない」と言ったので私が代わりに跳んだんです。蛭子さんって、興味ないことはすべて忘れるタイプなんですけど、10年以上ぶりに会った時に「あの時、熊切さんが僕の代わりに跳んでくれて助かった」と言ってくれたのは嬉しくなりましたね。 

 

 クワガタに挟まれたり、滝から飛び込んだり、バンジーで跳んだりしていたから、この世界で続いたというのはあるんですよね。 

ーー無理していたなあ、と振り返ることはありますか? 

熊切 疲労で体調を崩しちゃったこともありますし、いま思えばできない仕事まで全部受けちゃってたなって。

 あと、初めてのことは怖さが分からないからできちゃうんですけど、もう一回はできないんですよ。体が怖さを分かっちゃってるから。だから、ずっと体を張り続けることは、どっちみちできなかったと思うんです。 

ーー今の芸能界を見ると、変化は感じますか? 

熊切 こないだ「さんま御殿」を見てたら、昭和、平成を生きてきた芸能人と令和で活躍する若い子たちが出ていて。昭和、平成組は「とにかく仕事は選ばない。来たものはやる」と言ってたんですけど、令和組は「やりたくないことは絶対やらない。すっぴんで出ろなんて仕事は断ります」って。あぁ~、もうこういう時代なんだなぁって。 

 

ーーどちらの考えが正しいと思います? 

熊切 私はなんでもやるべきだと思って若い頃はやってきましたけど、「やりたくないことは絶対やらない」という子たちが入れ替わることなく出続けているのを見ていると、そういう姿勢でも生き残れる世界になったんだなって。

 読モさんが出てきた時は「読モでもテレビに出れるんだ」って思われたけど、それが当たり前になったし。いまはYouTuberさんが、いきなり出てくるじゃないですか。良い悪い、正しい正しくないの前に、とにかく変わったんだなって。 

写真=三宅史郎/文藝春秋

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(21枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z