昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

全身に多数のアザ、歩けないほど衰弱…林眞須美「長女」と「継父」に虐待死させられた16歳娘の“苦界”

 和歌山市内の木造一軒家で開かれていた書道教室。

「あたしも習字やりたい」

 薄汚れたTシャツ姿で玄関に立っていた少女は、16歳で命を失うまで、懸命に居場所を求めていた――。

◆ ◆ ◆

長女が死亡した2時間後、母は妹と海に身を投げ…

 和歌山市に住む鶴崎心桜(こころ)さん(当時16)が全身打撲による外傷性ショックで死亡したのは、昨年6月9日のこと。心桜さんが救急搬送された約2時間後、母・優子(仮名・37)と次女(4)が関西国際空港近くの海に身を投げ、無理心中を遂げた。

亡くなった心桜さん

「実は、優子は4人が死亡した和歌山カレー事件で死刑判決を受けた林眞須美の長女でした。その約8カ月後の2月16日、再婚相手の派遣社員・木下匠(40)が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された」(社会部記者)

再審請求中の林眞須美死刑囚

 カレー事件後、優子は重い十字架を背負って生きてきた。児童養護施設から高校に通うも間もなく中退。20歳で1歳下の妹の同級生と相手方の両親の反対を押し切って結婚し、05年4月に心桜さんを出産する。

「仲の良かった同級生には『結婚しました!』と喜びに満ちた葉書を送っていました」(小中時代の同級生)

眞須美の死刑が確定した後、離婚

 だが09年5月、最高裁で眞須美の死刑が確定。

「優子は『事件から離れたい』と話し、生活が脅かされることを恐れるようになっていった」(優子の知人)

 そして13年に離婚。心桜さんは父親に引き取られることになったが――。

「『深夜に子供が一人でほったらかされている』という連絡を受け、何度かアパートに足を運びました。家の前に座る彼女に理由を問うと『お父さんがおらん』と」(小学校時代の校長)

 一方、独身に戻った優子はライブハウスでギターを弾いていた木下と巡り合う。