昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/03/19

「ストーリー自体は5分くらいで考えた」

――集客装置としての「小説」だったんですね。

Yoshi 占いって日々更新されるものでない限り、一度やったら二度そのページには戻ってこないですよね。それはとても大きな機会損失になるので、一度見に来た人が継続的に訪れるページにするにはどうすればいいかと考えて、パッと浮かんだのが小説でした。

『Deep Love』のストーリー自体は、5分くらいで考えたものです。

――5分で考えたストーリーが一大産業になったんですね。凡人には想像ができないです。

Yoshi 自分はもともと予備校の講師だったんです。長らくNo.1講師だったのですが、生徒の「やる気スイッチ」をONにする“メッセージの伝え方”みたいなノウハウもあったし、塾経営にも携わっていたのでビジネス的なスキームもあった。成功したのはそこがうまく噛みあったからかなと思います。

©文藝春秋

 今ならYouTubeになると思いますけど、同じことをやっているんですよ。要はプラットフォームがYouTubeなのかiモードなのかの違いだけで、それをどう利用するかという話だったのでね。

――『Deep Love』はビジネス的な戦略のもとに生まれていたんですね。

Yoshi 正直、作家を目指していたわけでもなく、活字離れを解決しようみたいな崇高な思いもさらさらなかった。

 でも本が売れない時代に、当時の本屋や出版社に対して貢献できたんじゃないかな。それに、『Deep Love』があったから『恋空』や『赤い糸』が生まれたという自負はあります。

「なんで成功できたんですか?」と聞かれたら

――「魔法のiらんど」から発表された『恋空』も『赤い糸』も、映画化されるほどヒットしました。それはYoshiさんが「ケータイ小説」という新しい文化を創出したからこそ生まれた作品ですよね。

Yoshi 自分がやりたかったことって、小説を書くことじゃなくてムーブメントを作ることだったんです。僕の本だけでも累計で1000万部売れて、後続のケータイ小説を入れたら何千億円という産業になった。

 金とか名誉とかじゃなくて、世の中にまったく新しい波を起こせたこと、それが一番自分としては嬉しかったことですね。

――スマホやSNSというフィールドでもう一度新たなカルチャーを生み出したい、みたいなお気持ちはないですか。

Yoshi iPhoneは大好きだけど、そこでやることが直感的に思い浮かばないということは、もうそのフィールドでは俺に才能がないってことなんですよ。

 だから「なんで成功できたんですか?」と聞かれたら、「できないことに手を出さなかったから」ということに尽きると思いますね。

写真=山元茂樹/文藝春秋

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(17枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z