昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈落合博満との絆〉シダックス監督時代の野村克也に届いたプロ球団からの1本の電話…中日ドラゴンズ“監督候補説”の意外な真相

『砂まみれの名将』より #1

2022/03/24

 2003年、就任1年目にして社会人球団「シダックス硬式野球部」を都市対抗野球大会の決勝に導いた野村克也監督。その確かな手腕が評価されてか、野村氏は大会後、中日ドラゴンズの新監督候補に名前が挙がった。結果的に、監督は落合博満氏に決まったが、あの時、中日ドラゴンズと野村克也氏の間では、どのようなやり取りが交わされていたのだろう。

 ここでは、野村氏がシダックスの監督を務めていた際、記者として野村克也監督を追い続けたスポーツ報知記者、加藤弘士氏の著書『砂まみれの名将』(新潮社)の一部を抜粋。野村克也氏のもとに届いていた中日ドラゴンズ監督代行からの1本の電話をめぐるエピソードを紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

中日“監督候補”の真相

「男に生まれたならば、一度はなってみたい3つの職業って、何だか分かるか?」

 2003年の初秋。私は野村にクイズを出されて戸惑ったことがある。

「総理大臣に映画俳優、プロ野球の監督でしょうか」

「まあ、最後の1つだけ当たっているな」

 マスコミの入社試験なら不合格間違いなしの凡庸な回答。名将は苦笑しながら、答えを明かしてくれた。

「オーケストラの指揮者と連合艦隊司令長官。そしてプロ野球の監督だよ。まあその内の1つになれたんだから、俺の人生もよしとしなきゃいけないんだろうな」

 後にそれがフジテレビジョンの初代社長で、財界四天王の一人とされた水野成夫の言葉だと知った。生涯、野球を愛した水野は1965年に国鉄スワローズを買収し、サンケイアトムズを誕生させたことでも球史に名を残している。病に倒れ、1968年には球団の経営権をヤクルトに売却。そうして誕生したヤクルトスワローズに90年代、黄金期をもたらしたのが野村である。

楽天イーグルス監督時代の野村克也氏 ©文藝春秋

中日新監督候補に急浮上

 野村はその後も事あるごとに冒頭の問いを担当記者に繰り返した。

 プロ野球監督という、日本で12人しか座れないイスへと長年にわたって就いてきた男の矜持が、言葉の端々から伝わってきた。

 初の都市対抗挑戦は準優勝に終わったが、球界に与えたインパクトは絶大だった。

 すでに68歳ではあったが、「野村克也健在」を世間に印象づける形になった。

 激闘から1か月後。10月上旬のことだ。

 複数のスポーツ新聞がこう報じた。

「中日新監督候補に野村克也氏が急浮上」

 阪神監督退任以降、プロ野球の監督候補にその名が躍るのは初めてだった。

 その頃、名古屋の名門球団は苦境に陥っていた。