昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《土浦集団リンチ傷害致死事件》「『将来は一緒に仕事をやろうよ』と話していたのに…」「同棲をはじめ、結婚を楽しみにしていた…」 被害者の父が語った悲痛な想い

#2

genre : ニュース, 社会

「家族仲は抜群で、自慢できるほど良かった。頭が現実逃避して、今でもまだ夕輝が部屋にいる気がするんです。末っ子で明るくて、優しくて――」

 涙を堪えながら父が話す、静まり返った昼下がりの自宅リビングには、精悍な顔立ちをした浜田夕輝さん(21)の真新しい遺影と位牌が飾られていた。

 他に手元にあったのは、幼い姪とテレビを一緒に見る写真、祖父母と草津温泉に行った写真、ケーキを前にピースする誕生日の写真、姉の結婚式の写真……。家族写真のどれもが、浜田さんの優しい笑みで溢れている。

 そんな、皆に愛された彼の命は2月19日、理不尽にも奪われてしまう。

ナイトクラブ脇で起きた“集団リンチ事件”

 茨城県土浦市のナイトクラブ脇の資材置き場で2月12日、浜田さんが集団リンチに遭い死亡した事件。茨城県警は3月9日までに、浜田さんに暴行を加え死亡させたとして、鴫原大地容疑者(22)、マツセ・キタ容疑者(22)、小川大輔容疑者(22)、中嶋敦生容疑者(22)、中茎凌太容疑者(22)、19歳の少年3人ら計8人を、傷害致死などの容疑で逮捕した。

夕輝さんが加害者集団とトラブルになった土浦市内のナイトクラブ ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 8人は地元・土浦の不良グループなどとされ、クラブで口論になった後、浜田さんを外に連れ出し、殴る蹴るの暴行を加えたという。

 浜田さんは搬送時には既に意識がなく、1週間後に死亡が確認された。

 浜田さんの命は、なぜ奪われなければならなかったのか。取材班は浜田さんの父親Aさんに接触。Aさんは「遺族の悲痛な思いを知って欲しい」と取材に応じた。

亡くなった夕輝さんと愛犬のダックスフンド 遺族提供

父が語る被害者の素顔は…

◆◆◆

「午前2時頃に目が覚めてトイレに行った時、夕輝が帰って来てないことに気づきました。連絡もなく外泊することはなかったので、何をしているのかと心配してたんです。そうしたら午前4時頃、夕輝の携帯番号から急に電話がかかってきて……。友達の声で『大変なことになっています』と。慌てて土浦に向かおうとしたら、病院からも電話が来て『もう助かりません』と言われました」

 唐突過ぎる、悲劇の訪れだった。Aさんが朝6時頃に搬送先の病院に着くと、浜田さんは集中治療室におり、医師らの懸命な治療が続けられている最中だったという。

z