昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『仮面ライダーオーズ』アンク役・三浦涼介らが映画公開初日に深夜宴会 「欲望」に負けた“まん防”下の夜《三軒茶屋で千鳥足》

#1

 これまで数多くの人気作とブレイク俳優を輩出してきた「仮面ライダー」シリーズ。中でも他の作品とは一風変わり、「人間の欲望」をテーマにした作品が、2012年に放送された「仮面ライダーオーズ/OOO」(テレビ朝日)だ。

 その日、同作でオーズの協力者であるアンク役を演じた俳優・三浦涼介(35)は、”欲望”のまま仲間のライダー俳優たちと夜を過ごしていた――。

「仮面ライダーオーズ/OOO」でアンク役を演じる三浦涼介 東映公式ホームページより

◆◆◆

“サラブレッド二世俳優”として注目される三浦

 三浦涼介は父親が俳優の三浦浩一(68)、母親がタレントの故・純アリスで、2002年に俳優デビューした頃から “サラブレッド二世俳優”として注目されてきた。

 最近では映画「るろうに剣心」シリーズでの“刀狩りの張”こと沢下条張役、TVドラマ「顔だけ先生」(TBS)でのゲイの教師・早坂優一役などを見事に演じきった。そんな三浦の出世作となったのが「仮面ライダーオーズ/OOO」だった。

 3月12日より劇場公開された「仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル」は、テレビシリーズ最終話から10年後を描いた作品だ。公開初日におこなわれた舞台挨拶には、多くのファンが来場し盛り上がった。ファンの一人が言う。

テレビシリーズ最終話から10年後を描いた映画は3月12日より公開 映画公式ホームページより

「『オーズ/OOO』は、昨年11月に放送された『仮面ライダー総選挙』(NHK BSプレミアム)の作品部門で3位、ライダー部門でオーズが4位になるなど、シリーズ内でも人気の高い作品です。ちびっ子だけでなく、女性や大人のファンも多く、映画公開初日は限定グッズを求め、オフィシャルショップには長蛇の列ができていた。