昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ヤクザとは殴り合って、ポン中とはゲーセンで仲良くなった」元刑事の人生を狂わせた過剰な“エス作り”の実態《「日本で一番悪い奴」にインタビュー》

映画になった稲葉圭昭氏インタビュー#1

「八百屋をやっています。朝4時に起きて、卵焼きとかお惣菜を作ってね。野菜を市場で買い付けて、得意先に配達して。そんな平凡な生活ですが、とても充実していますよ。俺は本来、刑事じゃなくてこっちが向いていたんだろうな」

 雪がうず高く積もる札幌の郊外。こう話す男に、文春オンライン取材班は2月、インタビュー取材をした。男の名前は稲葉圭昭氏(68)。綾野剛が演じた2016年公開の映画『日本で一番悪い奴ら』のモデルとなった元北海道警の刑事だ。

稲葉氏 写真/菊地健太

覚醒剤に拳銃…逮捕された前代未聞の元刑事

「この黒猫は『ベイビー』。俺の手からしかご飯を食べないくらい懐いてくれています。アメリカのドラマの『刑事コジャック』って知っている? その主人公が、女を呼ぶときに『Hey, baby』って言うんだよね。そのドラマの影響です(笑)」

黒猫のベイビーを抱く稲葉氏 写真/菊地健太

 稲葉氏は現職の道警警部だった2002年7月、尿検査の結果、覚醒剤の陽性反応が出て覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された。自宅やアジトといった立ち回り先からは、拳銃や、一人では使用しきれないほどの大量の覚醒剤も見つかった。

 当時、稲葉氏は刑事でありながら、覚醒剤や銃の密売で利益まで得ていた。裁判では2000万円を超える利益を得ていたと認定されている。

違法捜査などで倫理観が麻痺してしまっていた

 稲葉氏は「実際3、4年間で1億円を超える利益がありましたよ」と自嘲気味に明かした。

「子供の頃、親父から聞かれたんです。『1円と100円盗むのどっちが悪いか』って。そこで100円と答えたら、ボコボコに殴られた。『金額は関係ない。窃盗が悪いことは一緒だ』と親父は教えようとしてくれたのでしょうね。

 でも当時の俺は、違法捜査などで倫理観が麻痺してしまっていた。それで親父からの教えを『悪いことはどれも一緒だよな』と都合が良いように捉えていました。『違法捜査が許されるんだから、覚醒剤だっていいだろう』と。今となっては恥ずかしいことなんですが」

 雪景色を眺めながら、稲葉氏は当時を振り返り始めた。

z