昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ココイチ「噂のカレーらーめん」の正体とは…? カレーライス王国に現れた“本気の麺メニュー”が美味しすぎた

禁断の「ミニカツカレー丼」も!――<じゃない方のグルメ>

2022/04/22

 有名店のメインメニュー「じゃない方」を食べるこの連載。

 今回はカレーハウスCoCo壱番屋、ココイチです。

今回はココイチ!

 ココイチは現在国内に1228店舗(※2022年3月末現在)を誇る、日本一のカレーライスチェーン!

 日本一っていうことはつまり、外食としては日本人が一番食べているカレーライスなのかもしれないのです。

今回は「カレーらーめん」を堪能!

 そんなカレーライス王国において、王であるカレーライスに「ちょっと待った!」と立ち上がった勇気あるメニューがあるのです。

 それが、カレーらーめん!

カレーライス王国の革命児、カレーらーめんを見つめる筆者

 カレーライスという国民食のド真ん中を突き進んでいるココイチに、数年前突如として現れた「じゃない方」が、一部店舗でのみ取り扱っているカレーらーめんなのです。

 ということで、本日は誰もが慣れ親しんだココイチのカレーライスをあえて封印し、カレーらーめんのみを堪能しにやって来ました!

まずは「キーマタンメン」を……

 カレーらーめんは一部店舗限定なので、メインのメニューには掲載されておらず、別で1枚、専用メニューがあります。

ありました、カレーらーめん!

「俺はメインストリームには乗らないぞ!」という異端児の意思表明なのでしょう(単に事務的な理由な気もしますが……)。

 90年代に、CD屋で初めてニルヴァーナのアルバムを手にした時のようなオルタナ感を感じます。

 ということで、まずは5月以降各店舗売り切れ次第終了という「キーマタンメン」を注文。