昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

ロシア海軍の原子力潜水艦で魚雷が暴発…奇跡的に生き残った23人の運命は 「潜水艦クルスクの生存者たち」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

2000年8月10日、ロシア海軍の原子力潜水艦クルスクが、118人の乗艦員を乗せて軍事演習のために出航する。2日後に魚雷が暴発し、船体が大破して海底で身動きが取れなくなってしまう。奇跡的に生き残った23人は、第7区画司令官ミハイル(マティアス・スーナールツ)の指示のもと、脱出不可能な艦尾で救助を待つしかなかった。イギリスの海軍准将デイビッド(コリン・ファース)は、クルスクの異変にいち早く気付き救援を申し出るが、ロシア政府はそれを拒否する。その間にも、生存者たちに残された命の時間は刻一刻と失われていく。

〈解説〉

実際に起きた原子力潜水艦事故を、関係者の証言や綿密なリサーチをもとにドラマ化。『アナザーラウンド』のトマス・ヴィンターベア監督作。117分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆原子力潜水艦の内部はこんなふうなのか、という興味。観ているだけで閉所恐怖。ロシア政府の隠蔽体質。ダレずに観られた。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆語りが何度か膠着するが、照明術はさすがに技あり。海底の密室という悪条件のもとで、細かな差異を描き分けている。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆水深108mで救命困難。沽券にしがみつく愚かな老兵。演習のはずが命を捧げる哀れ。2000年当時も今もロシア変わらず。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆緊迫と悲哀。人物に接近して状況を追うヴィンターベア監督の映画術が職人的に活きた。露体制の欺瞞を巡る内容も注目。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆レア・セドゥ好演。特に海軍に対し物申す場面。国がどのように乗組員の妻、家族を失望させたか。潜水艦の視覚効果は ……。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
  •  
©2018 EUROPACORP

『潜水艦クルスクの生存者たち』(ルクセンブルク)
kino cinéma横浜みなとみらいほか全国順次公開中
https://movie.kinocinema.jp/works/kursk/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー