文春オンライン

「勘弁してください、隣にいる保科は愛人じゃないです(笑)!」 撮影は自社スタジオ、構成や演出は社長プラン、商品は低価格…通販会社・夢グループの“ゆるいCM“のナゾ――2021年BEST5

夢グループ石田社長インタビュー#2

2022/05/12
note

お客様からのうれしい声がけ

――最後に質問です。石田社長がビジネスをやってきて一番うれしかったことは何ですか?

 僕ね、シルクのパジャマの頃から、お客さまのクレームにじかに向き合ってきたので、なんていうか、申し訳ないなあという気持ちが強いんです。だからコンサートが始まる前にステージの下でこんな挨拶をさせてもらった。「コンサートに来ていただいて、みなさんが感動して帰られることが、なによりも僕にとってうれしいことでございます。でも今日いらしたお客さまのなかに、僕の販売した商品を買って、納得できない、まあひどい、安かろう悪かろう、と思ってる方はたくさんいらっしゃるかもしれません。この場を借りまして謝らせてください、すみません」と話した。

 そうしたら、お客さまが「社長のところで買った商品いいわよ、いいわよ」って言ってくれた。誰も文句を言ってこないわけですよ。

ADVERTISEMENT

 

 たまたまかなと思って、その挨拶をしばしば繰り返していたら、こんな言葉までいただきました。「社長の商品はこの金額だから良いんだよ。私たちは高いものも欲しいけれど社長の商品を買って、それで十分なのよ。頑張って」と。本当にそれは、涙が出るほどうれしかったですね。

 だから僕、芸能の仕事にせよ通販の仕事にせよ、お客さまがよろこんでくれたらそれで満足なんです。お客さまに直接声をかけてもらったり、こちらからかけたり。仕事をしている中で自分にとって一番やりがいを感じる嬉しい瞬間です。これからも精力的に頑張ります。

(撮影:深野未季/文藝春秋)

2021年「ビジネス部門」BEST5 結果一覧

1位:台風の夜は宿泊価格を徹底してコントロール、お客さまには美辞麗句を並べまくる… 元幹部が明かすホテルマンのしたたかな“戦略”
https://bunshun.jp/articles/-/53863

2位:「勘弁してください、隣にいる保科は愛人じゃないです(笑)!」 撮影は自社スタジオ、構成や演出は社長プラン、商品は低価格…通販会社・夢グループの“ゆるいCM“のナゾ
https://bunshun.jp/articles/-/53862

3位:「義務教育ってムダじゃないですか?」中学生で月収1000万円、家は58階建てタワマン最上階《17歳YouTuberを直撃》
https://bunshun.jp/articles/-/53861

4位:実はまったく「らしく」ない…スーパー観光都市の玄関口「京都駅」には何がある?
https://bunshun.jp/articles/-/53860

5位:母親には「彼氏とビジネスやってる」と説明 月収1000万超、20代のカップルが“アダルト動画配信”を始めたわけ
https://bunshun.jp/articles/-/53859

「勘弁してください、隣にいる保科は愛人じゃないです(笑)!」 撮影は自社スタジオ、構成や演出は社長プラン、商品は低価格…通販会社・夢グループの“ゆるいCM“のナゾ――2021年BEST5

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー