昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《写真多数》リカちゃんに飲酒、寝落ち、SNSパトロールさせて撮影…リアルすぎる「リカ活」の世界

現実リカさんインタビュー

 ボサボサの髪の毛に散らかった部屋で、ソファに横になりながらスマホをいじるリカちゃん。YouTubeに突如現れた「現実を生きるリカちゃんねる」では、ズボラすぎるアラサーのリカちゃんが映し出されている。

 昨年5月に開設されたYouTubeチャンネルは、1年半足らずで登録者数が40万人を超え、20代、30代の女性から絶大な支持を得ている。そんな「現実を生きるリカちゃんねる」の管理人に、このチャンネルを始めた理由や撮影秘話などを詳しく聞いた。

お風呂に入らなきゃと思いつつもなかなか動き出せない「現実を生きるリカちゃん」 ©現実を生きるリカちゃんねる

大人用のリカちゃん人形

――今日は管理人、そして「現実を生きるリカちゃん」もお越し下さってありがとうございます。

管理人 実は「現実を生きるリカちゃん」は初めての外出なんです。電車に乗ることも初めてで、私以外に撮影される経験もほとんどないので、ワクワクしています。

初めて外出をしたという「現実を生きるリカちゃん」 会議室でインタビューを受ける ©今井知佑/文藝春秋

――初めての外出がここ(文藝春秋)なんですね。大変嬉しく思います。

管理人 会議室なんて来たことがなかったので、リカちゃんも心なしか緊張気味の顔のような気がします。

「貴族のようなイメージで」というカメラマンの指示にポーズをとる「現実を生きるリカちゃん」 ©今井知佑/文藝春秋

――リカちゃん人形といえば、小さなお子様が遊ぶというイメージが強いですが、最近では大人も夢中になって遊んでいるそうですね。

管理人 数年前からリカちゃん人形の着せ替えをしてSNSに投稿する大人が増え始めたんです。「リカ活」っていうんですけど、昔リカちゃんで遊んでいた30代、40代くらいの方が、リカちゃんにモデルみたいなお洋服を着せて、おしゃれな部屋を作って自分好みにしていくんですよ。

 リカちゃん人形自体も子供用のものではなく、大人用のリカちゃん人形が公式サイトで販売されているんです。

もっといろんなリカちゃんがいていいよねと思って

――大人用のリカちゃんは、子供用のリカちゃんと何が違うのでしょうか。

管理人 子供用と比べると顔が若干違うように思います。チークが少し濃かったり、髪型も大人っぽい印象です。もともとリカちゃんってすごく設定が細かいんです。小学5年生で、お父さんがフランス人で、お母さんがファッションデザイナーで、洋風の家に住んでいる……。でも大人用のリカちゃんはそういう設定があまり語られていなくて、自分自身でオリジナルの背景を映し出しています。

「現実を生きるリカちゃんねる」の管理人 OLをしながら動画投稿をしている ©今井知佑/文藝春秋

 昔はリカちゃん=みんなの憧れの存在で……もちろん子供向けのリカちゃんもとても素敵だけど、いろんな性格の人間がいるように、リカちゃんにもいろんな性格のリカちゃんがいるんじゃないかな? と思っていました。当時一緒に遊んでいたリカちゃんと一緒に大人になっていたら、同じような性格になってただろうな、と想像したりもしていたので、大人用のリカちゃん人形の存在はとても嬉しかったです。