昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「30キロでかくなって出直せ」と言われ…身長174センチ、体重53キロの女子プロレスラー・赤井沙希(35)が“体型批判”に思うこと

赤井沙希さんインタビュー #3

 2013年にプロレスデビューを果たした、プロレスラーでタレントの赤井沙希さん(35)。“二足の草鞋”を履く彼女の活躍ぶりは、元プロボクサーで俳優の父・赤井英和さん(62)の“二世”であることを感じさせないほどだ。

 しかし、プロレスと芸能活動を並行する赤井さんには、心ない批判が寄せられることもある。時にそれは、彼女の体型にまで及ぶのだった。赤井さんはそうした批判をどのように乗り越えたのか。そして、彼女がこれから目指す“道”とは——。(全3回の3回目/2回目から続く

赤井沙希さん ©石川啓次/文藝春秋

◆◆◆

赤井さんに寄せられる体型への批判

――2022年で、赤井さんがプロレスデビューしてから9年が経ちました。芸能の仕事とプロレスと、“二足の草鞋”を履きながら続けるのは大変じゃないですか?

赤井 舞台やドラマのお仕事がある時にも試合があるじゃないですか。だから切り替えが大変ですね。それに試合でできたアザは写真だと修正してもらえるけど、動画だと隠すのが難しくて。

 あと、身長が高くて細身だから、ほかの選手やファンの方々からいろいろと言われたこともあります。

――例えば、どのようなことを言われるのでしょうか。

赤井 「あと30キロでかくなって、出直してこい」みたいなことですね。ほかの選手に「親の七光りで身体もできてなくて、プロレスを食い物にして楽しいのか」とか、「沙希ちゃん、今度の試合出るの? あなたみたいな選手は来ないで」みたいに言われたこともあったな(笑)。たまにSNSのDMでそういうメッセージが送られてくることもありますよ。

 

 もちろん、私のことを応援してくれる人もいるから、いまはそういう人たちの言葉を大事にするようにしています。それに私のことを嫌いな人も、プロレス自体は好きなんですよね。そう思うと、私に対する批判も全然平気です(笑)。

――DDT唯一の女子プロレスラーとして目立つ存在だからこそ、批判の矛先が向きやすいのかもしれませんね。