文春オンライン
「芸人さんがスカートの中にはいってきたり……」長野智子が語る“全力でアナウンサーをしていた”時代

「芸人さんがスカートの中にはいってきたり……」長野智子が語る“全力でアナウンサーをしていた”時代

『全力でアナウンサーしています。』(吉川圭三)刊行記念座談会

source : 文藝出版局

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

長野 女性アナウンサーを目指す人は、心のどこかに欠落がある、という文章があって、「もしかして私にも、そういうところがあったりするのかな」と、ちょっとドキッとしました。

限りなくフィクションだが、時折リアルの香り

永井 アナウンサーの持ち物、どういうところで飲み会をして、どんなところで食事をするかなど、そういうところは全てリアルでしたけれど、本来、アナウンサーって、地味な仕事ですから、それをここまでのエンタメにするのは、さすがだなと思いました。

長野 女性アナウンサーって、お互いのことを意識していないんですよね。それぞれの現場のことしか考えていない。仕事で一緒になることなんて、「女子アナスペシャル」といった特番くらいですからね。

ADVERTISEMENT

長野さん「女性アナウンサーって、お互いのことを意識していないんですよね」

永井 まさにその通り。でも女性アナウンサー同士が絡まないと、物語にならないですからね。この小説は、限りなくフィクションなんだけれど、私は時折、リアルの香りがして怖かったですね。

吉川 後編では、女性アナウンサーの結婚、セカンドキャリアについて、うかがっていきたいと思います。

写真=杉山秀樹

全力でアナウンサーしています。

吉川 圭三

文藝春秋

2022年5月24日 発売

長野智子 ながのともこ
1985年、フジテレビに入社、90年に退社し、フリーアナウンサーとなる。95年の秋より、夫の赴任に伴い渡米。ニューヨーク大学大学院において「メディア環境学」を専攻。99年5月修士課程を修了し、2000年4月より「ザ・スクープ」のキャスターとなる。「朝まで生テレビ!」「報道ステーション」「サンデーステーション」のキャスターなどを経て、現在は、国連UNHCR協会報道ディレクターも務める。

永井美奈子 ながいみなこ
1988年、日本テレビに入社。「マジカル頭脳パワー!!」「24時間テレビ」などを担当。96年に退社し、フリーアナウンサーとなる。「笑っていいとも!」などにレギュラー出演した。結婚、出産を経て、2003年慶應義塾大学政策・メディア研究科修士を修了、現在、同大学湘南藤沢キャンパス(SFC)上席所員、成城大学文芸学部で非常勤講師を務める。フリーアナウンサー、母、妻、研究者として多方面で活躍している。

吉川圭三 よしかわけいぞう
1957年、東京都生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、82年に日本テレビ入社。「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「特命リサーチ200X」などを手掛けた。アナウンス部長、制作局長代理などを経て、現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサー。著書に『泥の中を泳げ。 テレビマン佐藤玄一郎』(駒草出版)、『たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場』(小学館新書)、『ヒット番組に必要なことはすべて映画に学んだ』 (文春文庫)。

「芸人さんがスカートの中にはいってきたり……」長野智子が語る“全力でアナウンサーをしていた”時代

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝出版局をフォロー