昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「“にんにく6倍ドン引きペペロンチーノ大盛り”には濃さが判別できない寸前までガーリックを投入した」 ドン・キホーテ「情熱価格」の商品名が過剰に“長い”ワケ

2022/05/22

 大手ディスカウントストア「ドン・キホーテ」が展開するPB「情熱価格」が、今SNS上で話題を集めているのをご存知だろうか。その理由はズバリ、商品名が長すぎること。

「洗濯80回実証!!洗っても洗っても洗っても洗っても洗っても洗っても洗っても洗っても洗っても全っ然色落ちしない!!ホコリがつきにくい素材で黒が映える!色褪せ知らずの黒ストレートパンツ」

 といった具合だ。そこで今回は、ドン・キホーテPBサポート部、PBマーケティングチームの責任者である中武正樹氏にインタビュー。ユニークな商品名の秘密や、消費者からのダメ出しを積極的に受け付けるために開設したという特設サイト「ダメ出しの殿堂」などについて話を伺った。(全2回の1回目/後編 を読む)

◆◆◆

――公式サイトに「ふざけた商品名ですが、まじめにつくっています」と書かれており、もはや商品名というより“感想文”にすら思えるネーミングセンスは強烈です。まず、「情熱価格」というブランドが誕生した経緯を教えてください。

中武 「情熱価格」は2009年10月を皮切りにスタートし、2021年にリニューアルしたブランドです。スタート当時からお客様の声を形にすることをコンセプトにして、「こんな商品がほしい」とか、「頻繁に使う商品だからもっとリーズナブルにしてほしい」というような意見を実現させようと、メーカーさんと手を組んだのが始まりでした。

ドン・キホーテ、PBマーケティングチームの中武正樹さん

 例えば「100gのものを200gにしてほしい」という意見があるなら、それをどうにか実現させようと奮闘する。他のメーカーさんなどでは、どうしても小さな意見の1つ1つに応えて商品化することは難しいでしょうが、「情熱価格」はそうした消費者の意見に腰を据えて向き合っていこう! と立ち上げたブランドだったんです。

――では、なぜ2021年にリニューアルすることになったのかが気になるところですが。

MEGAドン・キホーテ立川店

中武 実は2009年に誕生したときは、お客様の声を形にして多くの方に買ってもらいたいという、少々ありきたりなテーマでの出発だったんです。でも“お客様の声を形にした画期的な商品”って、他社様にも存在しますよね。それでは弊社で買っていただく特別な理由にはなりません。

z