文春オンライン

「あんなやつと友達だったなんて恥ずかしい」親バレで縁を切られ…月収300万稼いだ売れっ子セクシー女優に“起こったこと”

小澤マリアさんインタビュー#2

2022/05/21
note

小澤 MAXの月収は300万くらいあったと思います。一回、インドネシアの富豪に、300万円くらいの札束ドンってつまれて、“これで一晩どう?”って言われたこともありましたけど、さすがにそれは怖かったので、丁重にお断りしました。

デビュー後、雑誌のグラビアで速攻で親バレし…

――セクシー女優を続けていくモチベーションはなにかあったんですか?

小澤 最初は、家族を見返してやりたいって気持ちでしたね。デビューが決まってフライデーさんにグラビアが載ったんですが、それが速攻で親にバレて、本当に“二度と家の敷居をまたぐな”って感じになって。

ADVERTISEMENT

 元々、母親とは反りが合わなくて、喧嘩ばっかりしてたんですが、AVデビューは最後のダメ押しで、縁を切られました。今となれば親の気持ちもわかりますよ。娘がいきなりAVデビューするなんて、普通大反対するだろって思います。でも、当時は母親への反抗心からか、“絶対有名になって見返してやる!”って。その一心でしたね。

「あんなやつと友達だったなんて恥ずかしい」

――セクシー女優という仕事を快く思ってくれる人ばかりではないですよね。

小澤 AVの仕事って陰口をめちゃくちゃ言われるんですよ。デビュー前から付き合いがある仲いい友達とかに、“恥ずかしい。あんなやつと友達だったなんて”とか言われたこともあります。“なんだよそれ”ってメンタルにきました。

 でも、その人のせいで私が落ち込んでも、私は何も得しないんですよ。だから、もうそういうやつら全員見返してやるってプラスの気持ちに変えてましたね。

――よほど意志を強くもっておかないと、途中で折れてしまいそうです。

 

小澤 私は周りの意見は聞かないようにしてるんです。もちろん、周囲のアドバイスを参考にすることもありますが、意見を聞けば聞くほど、いろんな考えが生まれてきちゃうので、自分が“これ!”と思ったら、周りになんと言われようが、自分を信じて突き進むしかないんですよ。そういう気持ちの強さを維持していくのは、ナチュラルにうまかったかもしれないですね。