文春オンライン

苦しむ北朝鮮国民 中国への出稼ぎ女性の手取りは月2万円 “恋愛禁止”で自殺者増加

THIS WEEK「国際」

2022/05/27

 5月4日、7日と弾道ミサイルを発射した北朝鮮。金正恩総書記も先月、人民軍創建90周年の軍事パレードで核の先制攻撃に言及するなど、他国を威嚇し続けている。だが長引く国際社会の制裁で、国民生活は一層苦しさを増している。

国民の窮状をよそにはしゃぐ金正恩

出稼ぎ女性の懐に入るのは月約2万円

「中国国境の新義州市では借金を返せず、家を奪われ追い出される住民が続出。数10万人が死亡した1990年代半ばの大飢饉『苦難の行軍』の時と似た状況です」(亡命した北朝鮮高官)

 特に過酷な状況に追い込まれているのが、中国やロシアに派遣されている労働者たちだ。2017年、国連安保理は北朝鮮の国外派遣労働者を24カ月以内に送還するよう決議した。だが実際は中国やロシアの黙認の下、働き続けている。

「中でも中国に出稼ぎに行かされている労働者は多く、縫製士だけでも18万人。瀋陽市、延吉市、丹東市など東北三省におり、多くが女性で、平均年齢は24歳です。中国と北朝鮮の合弁会社と契約をし、1カ月の給与は3500元(約6万9000円)ですが、彼女たちの懐には1000元(約2万円)しか入らない。差額は北朝鮮当局に支払われる」(同前)