文春オンライン

「母には『ただ普通に幸せになって欲しかったのに』と泣かれたけど…」筋肉セクシー女優(26)が語る、親への“LINE”とフクザツすぎた“反応”

ちゃんよたさんインタビュー #3

2022/06/10

 エロと筋肉の架け橋となるべく、ソフト・オン・デマンド所属のセクシー女優、P.P.P.TOKYO所属のプロレスラー、そして筋肉女子YouTuberとして活動する、ちゃんよた(26)。

 元警官でもある彼女に、筋トレの世界に飛び込んだ経緯、セクシー女優とプロレスラーになった理由、母親に泣かれたというカミングアウトなどについて、話を聞いた。(全3回の2回目/1回目を読む)

ちゃんよたさん

◆ ◆ ◆

元警官が、セクシー女優デビューすることになったワケ

ーー警察を辞めた後は、どうされていたのですか?

ちゃんよた 実家に戻って、少しして東京に出てきました。最初はOLをやってたんですけど、やっぱりなんか違うなと。自分の人生1回しかないから、好きなことをやろうって。で、なにが好きかといったら筋トレだし、筋トレが好きならトレーナーになろうと。

 パーソナルトレーニングのジムに履歴書を送ったら採用されたので、2020年の4月からパーソナル・トレーナーを始めました。

ーー文春オンラインで筋トレ女子のガールズバー「マッスルガールズ」を取材しているのですが、その際にちゃんよたさんにも登場していただいているんですよね。

ちゃんよた はい、ヨタマッスルを名乗ってた頃に。マッスルガールズで働くようになったのも2020年の4月からで、セクシー女優デビューが同じ年の11月ですね。

ーーセクシー女優デビューの経緯というのは。

ちゃんよた パーソナル・トレーナーをしているうちに、風俗嬢の方やセクシー女優の方といった体を使ってお仕事する人たちに向けたジムを作って、トレーニングを教えられたら面白いんじゃないかなって。

 そこで自分もそういう業界にちょっと興味があって、やってみようかなと。あと、せっかくトレーニングしてるんだから、そういうところで鍛えた体を見せるのもいいかなって。

 

ーーアダルト業界に興味があったとのことですが、推していたセクシー女優の方などはいたのですか。

ちゃんよた 紗倉まなさん。高専出身で、在学中にデビューされてるじゃないですか。「高専生の子がセクシー女優デビューしたらしいよ」みたいな感じで、私の周りでも話題になっていたし。

 紗倉さんの作品は、もう何本も観させていただいてます。自分がやりたいことを思い切りやられていて、かっこいいなって。

ーー2021年9月14日の試合がプロレス・デビューになるわけですが、こちらの経緯は?

ちゃんよた 知り合いの方が経営しているパワーリフティングジムに通った話を先ほどしたと思うんですけど、そのジムにP.P.P.TOKYOというプロレス団体の三富兜翔選手も通っていたんです。三富選手に「いままで1回もプロレスを観たことがないんですけど」と話したら、「じゃあ、試合を観に来なよ」って誘われて。