昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春

genre : ニュース, 社会

「しつけの一環で、暴力はありません」

 歩夢くんの保育園で行われた市のヒアリングに対して、柿本はこう答えた。

「息子が言うことを聞かない時は同居人に叱ってもらっています。しつけの一環で、暴力はありません。迷惑がかかるので、同居人の名前は言えません」

 母親からのSOSもないため、行政は対応に二の足を踏んでしまう。

 一方、3度目以降、4人がラーメン店を訪れることがなかったため、歩夢くんの身を案じていた店主は、昨年12月、保育園に問い合わせをしている。

送検のため、柿本知香容疑者を乗せ寄居署を出る車両 ©共同通信

「ちゃんと登園していると聞いて、正直、『よかった、生きているんだな』と思いました」(店主)

 しかし、事態は最悪の展開に突き進んでいく。歩夢くんは今年1月12日を最後に、保育園に登園しなくなってしまう。同20日には柿本が退園手続きを済ませた。

「柿本は逮捕後、『1月中旬頃に息子が死んでしまった』と供述しており、歩夢くんはこの時期に何らかのかたちで命を落としたと思われる。その後、柿本は市に『息子は大阪の実家で元気にしています』と嘘の説明をしていたが、転居の実態が確認できず、今年3月2日、市が警察に通報したことで事件が発覚。最初に“落ちた”のは、母親の柿本だった」(前出・記者)

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(10枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー