文春オンライン

「力あるから安心感」“マッチョだらけ”の介護施設 業界に旋風起こす…実業団設立で人材続々【愛知発】

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 働き方, 社会

 

愛知・津島市に、筋肉隆々の“マッチョ”な若者が介護士として所属している施設がある。施設を運営する代表は、人手不足の介護の現場に若者を集めるため、2018年に「フィットネスの実業団」を設立。“マッチョな人”の採用を始めると、屈強な若い男性が集まってきた。マッチョだらけの介護施設は、業界に旋風を起こしている。

筋肉隆々の介護士が…マッチョだらけのグループホーム

 

愛知・津島市にあるグループホーム「NOIE TSUSHIMA(ノイエ ツシマ)」では、知的障害がある人などが共同で生活を送っている。

 

この施設で入居者たちを手助けするのは、5人のマッチョな介護士だ。

男性介護士A:
週に5回くらいはジムに行っています

男性介護士B:
部位ごとで日がある。胸の日、肩の日、腕の日みたいな

 

彼らは、仕事終わりには「筋トレ」。

 

減量のための食事制限も欠かさない。

 

中には、筋肉自慢を競うフィットネスの全国大会で入賞したスタッフもいる。

仕事が終わればジムへ…大会に向けて自らを追い込む男性

 

2021年から介護士として働いているマッチョな介護士の一人・山中悠嗣さん(24)。学生時代に、部活のために始めた筋トレでトレーニングにハマった。

山中悠嗣さん:
(上半身を脱いで)まだまだ、ここから5キロぐらい絞る。腹筋はもうちょっと見えてくるかな

 

介護士の仕事は、力仕事も多いという。

山中悠嗣さん:
腰を痛めちゃったりするスタッフもいる。体幹部分はしっかりしていないと、移乗(移すこと)はできない

 

午後4時に8時間の勤務を終えて向かった先は、トレーニングジム。山中さんは、週に5日通っている。このジムは、施設のスタッフであれば、会社の福利厚生の一環として無料で使うことができる。

山中悠嗣さん:
パワーリフティングの大会があるので、そこに向けて減量

 

介護の仕事をしながら、趣味でパワーリフティングを続けている山中さんは、大会に向けて自らを追い込んでいた。

関連記事