昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

フェンシング女子メダリストが“日本代表内不倫”で活動停止処分に

 フェンシング女子サーブル日本代表の髙嶋理紗選手(23)が、男子サーブル元日本代表の宮山亮(33)と不倫関係に陥り、日本フェンシング協会が日本代表としての活動を停止する処分を下したことが「週刊文春」の取材でわかった。

遠征中、街中で手を繋いでいたのをチームメイトが目撃

 髙嶋選手は昨年、国内で行われたシニア大会の4大会中、全日本選手権を含む3大会で金メダルを獲得し、現在の国内ランク1位。今年5月22日に開かれたグランプリ・イタリア大会では銀メダルを獲得。日本女子サーブルのグランプリ大会でのメダル獲得は史上初の快挙で、パリ五輪でのメダルが期待されている。

パリ五輪でメダルが期待される髙嶋 ©共同通信社

 一方の宮山は中央大学在学中にジュニア日本代表に選出。2017年に全日本選手権で個人2位に輝くなど、日本代表として長期にわたり活躍してきた。

23年の選手生活を終えた宮山 ©共同通信社

 フェンシシグ関係者が二人の関係について語る。

z