文春オンライン
「iPhoneにUSB Type-Cが採用される説」は本当?2022年夏、注目集まるiPhone“4つの「~説」”

「iPhoneにUSB Type-Cが採用される説」は本当?2022年夏、注目集まるiPhone“4つの「~説」”

2022/06/24

その2:LightningがなくなりUSB Type-Cが採用されるって本当?

 iPhoneで、Lightningコネクタを採用したモデルは、今秋に発売が見込まれるiPhone 14シリーズが最後になると予想されています。その理由は、スマホの端子にUSB Type-C(USB-C)の採用を義務付ける法案が、EU圏で成立したからです。

 これらは2024年秋までの対応が求められており、毎秋にモデルチェンジを行うiPhoneの製品サイクルを考慮すると、2023年秋のモデル、現行の命名ルールだと「iPhone 15」となるモデルでUSB Type-Cに対応しないと、EU圏での販売に影響が出かねません。

https://www.consilium.europa.eu/en/press/press-releases/2022/06/07/chargeur-universel-le-conseil-et-le-parlement-europeen-parviennent-a-un-accord-politique-provisoire/

ADVERTISEMENT

 これはあくまでEU圏での話ですので、EU圏でのみUSB Type-C搭載のiPhoneを販売し、それ以外の地域では従来のLightning搭載のiPhoneを継続販売するという「地域別仕様」の可能性もゼロではありませんが、長期的に考えて、わざわざラインナップを増やしてまで法案に「抵抗」することは考えにくいというのがもっぱらの見方です。iPhoneの新製品はすべてUSB Type-C搭載となり、Lightning搭載モデルは終息に向かうと考えるのが妥当でしょう。

 ちなみにUSB Type-Cの採用でプラスになるのは、データ転送速度の高速化のほか、多くのiPadやAndroidと充電ケーブルを共用できるようになることが挙げられます。マイナスがあるとすれば、これまでLightningでの利用を前提に作られていた周辺機器やアクセサリが、まるごと行き場を失うことでしょうか。

接点が外部に露出していて接触不良が起こりやすいLightning(左)に比べ、USB Type-C(右)は耐久性が高く、コストも安いのが特徴です

その3:来年以降、iPhoneの買取価格が大幅に下がるって本当?

 iPhoneは他のスマホに比べ、中古品の買取価格が非常に高いことが有名です。海外のある調査では、Androidの最新機種が発売から2ヶ月で売価の半額にまで値下がりするのに対して、iPhoneは7割程度の水準を維持すると言われています。

関連記事