昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「『学歴を捨てた女』と言われて…」「今だったら大学名は公表しない」早稲田卒のAV女優は、なぜ突然引退したのか

神野藍インタビュー#1

 早稲田大学在学中にAV女優としてデビューした渡辺まお(22)。2020年12月には「文春オンライン」でのインタビューにも応じ、AV女優としての意気込みを語っていた。しかし、今月突然の引退を発表し、名前も神野藍(じんのあい)に改名した。第一線で活躍してきた彼女はなぜAV女優をやめたのか――。

 AV女優をやめた経緯や家族との関係性、AV新法に思うことなど、詳しく話を聞いた。(全3回の1回目/続きを読む)

「渡辺まお」改め「神野藍」

◆◆◆

AV女優として完全燃焼した

――お久しぶりです。お越し下さりありがとうございます。

神野 神野藍として会うのは初めてですね(笑)。もう“渡辺まお”という名前は使えないので、少し寂しいです。

――神野藍という名前はどうやって決めたんですか。

神野 私、谷崎潤一郎さんの「痴人の愛(ちじんのあい)」が大好きで、それでそこから「ち」以外をもらいました。

――前回のインタビューでは、「大学卒業後もずっとAV女優を続けたい」とおっしゃっていましたが、大学卒業から2ヶ月で引退されました。AV女優を引退した理由を、率直に聞きたいです。

神野 引退を決めた理由は一つではなく、いろいろあるんですが、一度AV女優を休業した時に自分の中に「またAV女優に戻りたい」という気持ちがないことに気づいて、もういいかなって思ったんです。葛藤はあったんですが、中途半端な気持ちのまま働くのはダメだと思って、事務所に引退する方向で考えていることを話しました。

――AV女優という仕事をやり切ったと。

神野 完全燃焼したと思います。デビューした当初は、何もかも知らないことばかりで、現場に行くたびに刺激を受けていましたし、自分がAV女優であることも刺激的でした。好奇心からこの仕事を始めたんですが、2年間AV女優として活動していくうちに満たされていってしまって。もうこれ以上続けても新しく得るものはないんじゃないかなって。

――また新しいことに挑戦したいと思い始めたんですね。

神野 そうですね。AV女優としてのキャリアは短い方だと思うんですが、自分の中に常に成長していきたいという気持ちもあって。今は会社員として働きながら新しい名前で活動しています。具体的にどんなことをやっていくのかは模索中ですが、元AV女優として何か発信していければと思っています。

――引退を発表してから周りの反応はいかがでしょうか。