昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《現役早大生20歳》「AV女優だけど就活どうするの?」「ちゃんと納税してるの?」と聞かれ…デビューから1年で感じた心の変化

AV女優・渡辺まおに聞いてみた

2021/08/21

 昨年12月に文春オンラインでインタビューした早稲田大学在学中のAV女優・渡辺まおさん(20)。今年5月にデビューから1年を迎えた彼女は、大学3年生になり、自分のこれからの人生について改めてよく考えるようになったという。反対する両親との関係や就職、そしてAV女優としての大変さを赤裸々に語った。

◆◆◆

デビューして1年が経って

 この1年間、AV女優として社会に出てたくさん揉まれました。ただの学生だったデビュー当初よりは成長できたと思っています。どちらかと言えば、今までは、自分と自分のごく親しい周囲の幸せを優先してきました。自分の納得する選択をしたいというのは変わってはいないけれど、それに加えて、多くの人のためになる選択もしたいなと考えています。

©橋本篤/文藝春秋

 そして遅めの人生の反抗期と自分では呼んでいるのですが、両親との関係についても考え直そうと思っています。前回文春オンラインでのインタビューの際に両親との関係を語りましたが、あの時とは違う思いになりました。デビューしてからの1年間は自分のエゴで家族を振り回していましたし、そのことに気づいていませんでした。

 両親のためには、AV女優を今すぐやめることが最善なのかもしれませんが、その選択をするほど生半可な気持ちで1年やってきたわけではないので、AV女優としてだけでなく、これからの自分の行動と、その結果で私の考えを示していこうと思います。大好きな両親にもらった人生だからこそ、最大限戦って、最高の楽しさを追求していきます。