昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/06/27

genre : ニュース, 社会

「堅気か、それはいい。ミキ、あいつを誘ってみろ」

 田尻はそう小声でミキの耳元で囁いた。

 賑やかな店内をミキは思案しながら歩く。彼女はVIP室に戻ると高坂の横に座り身体を密着させた。

 高坂は建設会社の二代目社長だった。一晩で数百万円を使うこともザラの上客である。Xでのお気に入りがミキだった。

「お友達がやっているバカラ屋さんがあるの」

「高坂社長っ、この後はどうするの?」

 甘えたような声でミキが耳元で囁く。

「アフターに行きたいのか。よし朝まで飲むか!」

 高坂が上気した声でミキの肩を抱き寄せる。

©iStock.com

「じつはお店が終わったら支配人と約束があるの。お友達がやっているバカラ屋さんがあるの。せっかくだから高坂さんも来ない? 私、高坂さんと一緒に行きたいなー」

 ミキは酔ったふりをしながら高坂の身体に更に身を預ける。

「バカラ?」

 会社社長は素っ頓狂な声をあげた――。

闇カジノを経営していく上で、重要なプレーヤーは…

 闇カジノを経営していく上で、重要なプレーヤーとなっているのが“ジャンケット”と呼ばれる存在だ。路上に立つ客引きとの違いは、ジャンケットは自らの人脈から客を店に連れてくることにある。X支配人田尻の裏の顔が、ジャンケットなのだ。ジャンケットが客を闇カジノに誘い込むパターンの1つが上記のような酒席での勧誘なのだ。

 闇カジノや高レート麻雀などの、いわゆる違法賭博と呼ばれるものは港区、新宿区などの繁華街のなかで秘密裏に行われている。雑居ビルのなかの隠れ店舗だったり、高級マンションの一室といったところが店になっているケースが多い。

 客の多くは繁華街の人脈から、賭博場に誘われて嵌っていくというパターンが多いとされている。友人に連れられていくパターンや、飲食店の従業員に誘われるパターン、女性に誘われるパターンなど様々だ。ジャンケットと店はグルであることが多く、客を嵌めて、その負け額の50%ほどをジャンケットは懐に入れるのである。芸能人がジャンケットをしているというケースもあるといわれている。