文春オンライン

「まさか買わないよね? 買うなよ!」お値段16万5000円のテントを無断でポチる夫に、妻がブチギレ…キャンプをめぐる“夫婦トラブル”

2022/07/09
note

家族総出で電話をかけまくり、5時間がかりでキャンプ場を予約

 RINさん家とIちゃんさん家はよく予定をあわせてキャンプに行く。この夏は全国的にも人気のある某キャンプ場で過ごすべく、予約開始日の朝9時から両家のメンバーが携帯電話を総動員し、電話をかけまくったという。

「何度かけても『話し中』だったんですが、それだけかけ続けてると、なんか朦朧としてきて、奇跡的に繋がった瞬間、反射的に電話切っちゃったんです。一瞬目の前が真っ暗になりましたが、キャンプ場の方がかけなおしてくれて、無事に予約できました!」

 時刻は午後2時すぎだったというから、実に5時間あまり電話をかけ続けたことになる。 今や「キャンプ」というものは、かくも過酷な「前哨戦」から始まるわけだ。

ADVERTISEMENT

 RINさんの夫はこの先、何月何日にどこのキャンプ場に行くか、その予約開始日とともに一覧表にして、家族や仲間に配っている。キャンプに行けない週末は、庭で薪を割ったり、キャンプチェアを出してBBQをしたりしてキャンプ気分を楽しむという。

RINさんの夫が組んだキャンプ予定メモ 写真提供:RINさん

「みんなで庭のチェアに座って、ビール飲んで星を眺めたりして『いいなぁ』なんてご満悦なんですけど、だったらキャンプ場行く必要ないんじゃないかな、って(笑)」

 たかがキャンプ、されどキャンプ。「庭飲み」でも十分楽しい家庭があるからこそ、夫はキャンプ沼に安心してハマれる……のかもしれない。

「まさか買わないよね? 買うなよ!」お値段16万5000円のテントを無断でポチる夫に、妻がブチギレ…キャンプをめぐる“夫婦トラブル”

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー