昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

段ボールでオーブンが出来る!キャンプシーズンの「“楽しい”に差がつくBBQオーブンメニュー4選」

2022/05/03

 段ボール箱を使って、キャンプサイトで使用できる簡易オーブンを作ることができると聞くと、どう思うだろう? 

「紙なんて、あっという間に燃えるんじゃないの?」
「そんなオーブンなんかで、火が通るわけないよ!」

 しかしご安心を。実は紙の発火温度は250~450度(新聞紙で290度)と意外に高く、高温度下でも簡単に燃え出したりはしない。そして紙でできたオーブンでも、ビックリするほど本格的なオーブンメニューが調理可能なのだ。

段ボールでもオーブンが出来る!BBQがもう一段楽しくなるDIY&レシピとは

「焚き火道具&周辺ギアDIY」を探求するワタクシ阪口が、オススメレシピとともに、段ボールオーブンDIYの極意を紹介しよう!!

まずは段ボール箱でオーブンを作ろう!

 段ボール箱オーブンの作り方は超簡単。用意するものは以下の通り。

段ボール箱(今回は43cm×32cm×25cm)
アルミホイル
BBQ網(段ボール箱に入る大きさ)
鉄丸棒 2本
ガムテープ・アルミテープ
工作ノリ(でんぷんノリがおすすめ)
アルミ製の鍋
レンガ

段ボール箱を広げて、中にアルミホイル貼りつける

 材料が揃ったら、工作の開始! まず、一度広げた段ボール箱の内側全面に、アルミホイルを貼り付ける。中に食品を入れて高温で加熱するので、使用する接着剤はデンプンでできた工作ノリをおススメしたい。アルミホイルは破れやすいので、端部をアルミテープで補強すればより安心だ。