文春オンライン

「まさか買わないよね? 買うなよ!」お値段16万5000円のテントを無断でポチる夫に、妻がブチギレ…キャンプをめぐる“夫婦トラブル”

2022/07/09

「まさか買わないよね? 買うなよ!」

 キャンプの「快適度」は持っていくギアの数に比例する。しかし、ギアが多くなると、必然的に設営や撤収にかかる時間も加速度的に増えていく。

「とにかく撤収だけで3時間くらいかかるんで、優雅に朝のコーヒーを挽いて飲んでる余裕ないんですよ。ウチはいつも缶コーヒーですもん」

OGAWAのロッジシェルター。快適さの代償は35キロの重量 写真提供:RINさん

 ここまでくると、本末転倒している気もしないではない。ちなみにRINさんが「使わなくなったギアはフリマサイトで売ったら? そのお金で新しいギアも買えるじゃん」と提案したところ、夫は首を振って、こう言ったという。

ADVERTISEMENT

「絶対に売らない。だって全部、思い出だから」

 RINさんに言わせれば「収納場所も家計も限界」を迎えつつあるが、それでも夫の物欲は止まらない。

使わなくなった「2軍」のギアは裏の物置に控える 写真提供:RINさん

「(家族アカウントの)Amazonのほしい物リストを見ると、いつの間にかズラズラっとキャンプギアが並んでいるんです。だから見つけたらひとつひとつ消しているんですけど、気が付くと、また復活している。イタチごっこですね」

 ほしい物リストどころか、既にカートに入っているのを見つけることもある。

「すぐに『何これ? まさか買わないよね? 買うなよ!』とLINEしたら、ヤベっと思ったのか、その場ですぐ購入したみたいで……その後もしばらく口利きませんでしたね」

関連記事