昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

「良いシーン」しかない映画的純度の高さに悶絶…年の離れた男女の恋模様 「リコリス・ピザ」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

1973年のハリウッド近郊、サンフェルナンド・バレー。子役として活躍している15歳の高校生ゲイリー(クーパー・ホフマン)は、25歳のカメラマンアシスタントのアラナ(アラナ・ハイム)に一目惚れし、強引に食事に誘う。野心家のゲイリーは、子役仲間とウォーターベッドの販売を開始する。アラナに仕事を手伝ってもらったにも関わらず、商売が軌道に乗ると、ゲイリーは他の女の子に手を出してしまう。傷ついたアラナはゲイリーから距離を置き、カリフォルニア市長選挙のボランティア活動に参加する。

〈解説〉

脚本・監督は『ファントム・スレッド』のポール・トーマス・アンダーソン。実在の人物や出来事を背景に、年の離れた男女の恋模様を綴る青春映画。134分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★★70年代の南カリフォルニア。当時の音楽とファッション。怪優、いや、快優だったP・S・ホフマンの息子が主演とは!

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★★いつまでも聴き続けていたいLPレコードのような映画。幸福感が溢れる。人の鼓動と時間の脈動は、かくも響き合うものか。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆我武者羅な行動で失敗しても大笑いが許される昔が懐かしい。流れる音楽と、切実に互いを必要とする抱擁にほっこり。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★★「良いシーン」しかない映画的純度の高さに悶絶。甘い幻想の70'sカリフォルニアで等身大に輝くアラナ・ハイムが眩い。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★★映る全てに彩る煌めき。まるでレコードに針を落とし聴き入る瞬間の恍惚にも似た感動。ルーカスのアメグラ以上の衝撃。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
  •  
© 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『リコリス・ピザ』(米)
7月1日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
https://www.licorice-pizza.jp/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z