文春オンライン

「1時間で6900円もくれるの……? まじ?」高報酬に目がくらんだグラドルを襲った“ライブ配信のヤバい客たち”「オッパイ見せろ」

『現役グラドルがカラダを張って体験してきました』 #2

2022/07/16

 怪しいリスナーは多かったけれど入金も早く、しばしこれで安定じゃ……と思っていたの束の間。それは急に終わりを迎えます。

「さぁ! 今日も6900円稼ごうっと!」と呑気に起き上がった時に携帯が鳴りました。アプリの業者からのLINEで「本日で時給制度は終了です。明日以降の配信はお任せします」というものでした。

(写真:本人提供)

 な、なんですと……?! 明日から6900円がなくなってしまうという恐怖を感じながらも、最後の配信をしました。担当者に何度か「このままの条件で配信を続けさせてくれませんか……?」とすがるも既読無視。さすがに舐め腐りすぎていたのかもしれません。

ADVERTISEMENT

 こうして私の、毎日1時間谷間を晒して20万円稼げる夢の時間は終わりました。

配信事務所=昔の悪い芸能事務所

 そして2022年1月現在、私はまだ懲りずに配信をしています。これは単純に、仲が良かった友人が爆稼ぎをしている姿を見て「あ~ん。お金欲しい」と思ったからです。

 あと、やはりもうコロナがどうなるんだかサッパリわからない状況の中で、自宅でやれる仕事を増やしたかったから。懲りずにいろんなアプリを試したりいろいろな事務所に話を聞いたりしましたが、そこで1つ思ったことがありました。

 それは、昔の芸能事務所の悪いとこだけ引き継いでるなぁと。配信事務所というのは、芸能事務所とはまた別で、勧誘もライトです。メールやDMで勧誘しzoomとかで話すことはあっても実際に会うこともほぼなく、それなのに、クソ難しい契約書にサインをさせるんです。

 最初に私が関わった配信事務所は「うちはサポートもバックも良い」と言ってましたが、後に10社以上聞いた中でもダントツに悪かったです。大したサポートもなかったのに、他社で配信を始めたらすぐに「契約違反です」「うち以外での活動は許されません」としつこくLINEを送ってきたり、嫌味ったらしく契約書を何回も送ってきたりしました。

 他にもいっちょ噛みしかけた事務所も何個かありましたが、名前などは登録させるのに振込先は聞いてこないとか、時給は出すけどとんでもない配信時間をクリアしないとダメだったりで、よくよく考えると自分に大してメリットがなかったです。所属させるときだけ良いことを言って、入ったら放置する癖に辞めると言うと大騒ぎして拒否。あれ、昔の芸能事務所の悪いところをそのまま引き継いでるような……。

関連記事