昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「刑務所ではエリート囚人」「痛点のない魚みたいな奴」髭面のVサイン男(42)の“囚人仲間”が明かす“更生できなかったワケ”《川越ネットカフェ立てこもり事件》

genre : ニュース, 社会

「事件を起こせば刑務所に戻れると思った」

 逮捕後の埼玉県警の捜査にこう動機を話しているという長久保浩二容疑者(42)。2022年6月21日、埼玉県川越市のインターネットカフェ「快活CLUB川越脇田新町店」の鍵付きの個室で、カッターナイフを手にアルバイト店員の20代女性を人質にして、翌未明にかけて約5時間立てこもった。

 ネットカフェには同日午前のうちに入店していたが、現金は小銭のみの数百円で料金の支払い能力はなかった。立てこもった個室は2畳ほどしかなく、窓もない。長久保容疑者は声を荒げ興奮することもあったといい、被害女性の恐怖は想像を絶するものだっただろう。

 しかし、長久保容疑者が送検時に見せたのは“Vサイン”と満面の笑みだった。「刑務所に戻れる」ことの歓びの表現だったということなのだろうか――。

長久保浩二容疑者 FNNプライムオンラインより

◆ ◆ ◆ 

「刑務所の中では“エリート”ですよ」

「Vサインをする男をテレビで見て、『あっ長久保や!』とすぐに気づきました。髪やひげは伸びていましたが、変わってなかったから。彼は刑務所が好きで仕方ないし、あそこ以外では生きられない。犯行動機は本音やと思いますよ」

 そう話すのは数年前に長久保容疑者と名古屋刑務所で同時期に収監されていた元受刑者、関西在住のXさん(50代)だ。

「いろんな受刑者がいるけど、立てこもりは珍しいから長久保のあだ名はそのまま『立てこもり』でした。ある時に俺が『立てこもりなんかもうやるなよ』と言ったら、彼は『そんな無駄なこともうやりませんよ』と言っていたんですがね。やっぱりやったか、という印象ですわ」

長久保容疑者 ©共同通信

 長久保容疑者は2012年にも愛知県内の信用金庫に立てこもり、懲役9年の実刑判決を受けている。今回の事件は出所からわずか3カ月足らずの犯行だった。9年もの懲役後に同じ罪を犯したわけだが、収監中も問題行動を繰り返していたのだろうか。

「いやいや、彼は模範囚中の模範囚でしたよ。2016年ごろから俺が出所するまで2、3年ほど一緒でした。問題行動は一切起こさないどころか、長久保はオヤジ(刑務官)にもとても気に入られて、ミシン工場を束ねる総班長という立場でした。受刑者の待遇改善みたいなこともしようとしてくれて、俺たちも慕っていたんですよ」

 Xさんは「刑務所の中では“エリート”です」と、長久保容疑者の模範囚ぶりをこう明かすのだ。

z