昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「絶対に人を好きになるな」「弟は両親と絶縁」「ずっと貧乏」統一教会 “合同結婚式二世”の苦悩

 安倍晋三元首相の銃撃事件で注目を集めたのが、新興宗教の“二世”問題だ。

 山上徹也容疑者(41)は、自身の出生後に母親が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)にのめり込み、家族が崩壊した。一方、統一教会の合同結婚式で結ばれた夫婦から誕生した「祝福二世」と呼ばれる子たちがいる。教団内における合同結婚式の名称が「祝福結婚式」だからだ。

 統一教会の「祝福二世」として生きてきたA子さん(30代)がその体験を「週刊文春」に証言した。

祝福二世は『神の血統』に転換された尊い子

「私は1980年代に合同結婚式で一緒になった両親の元に生まれました。弟と二人姉弟です。祝福二世は、合同結婚式の後に『三日行事』と呼ばれる、サタンの血統を清算する行事を経たあとに誕生しています。だから『神の血統』に転換された尊い子として、周囲から凄く持てはやされ、大事に大事に育てられるんです」

文鮮明と韓鶴子の教祖夫妻 ©共同通信社

 家には文鮮明教祖夫妻の写真が飾られた「祈祷室」があり、週1回、家族揃ってお祈りを捧げる。日曜日には教団の教会へと礼拝に出かけていく。自分の置かれた環境、世界観が他の家庭と違うことに気づいたのは、A子さんが幼稚園に通い始めた頃だったという。

「両親から教団の外は『サタンがはびこる世界だ』と、事あるごとに教えられていました。だから、外の世界とはできるだけ関わりたくないな、幼稚園の他の子は、可哀想にサタンの子なんだな、思っていました」

 A子さんが小学校に上がる頃。桜田淳子(当時34)ら芸能人が立て続けに我が家と同じ信仰を明かし、合同結婚式に参加した。

合同結婚式 ©共同通信社

「その話題が連日テレビで取り上げられ、統一教会がバッシングされているのは何となく分かるんです。報道を見て母親は毎日泣いていました。『真のお父様』(教祖の文鮮明)が根も葉もないことを言われていると。大好きなお母さんを泣かせる社会は許せないと思う反面、子供ながらに、自分の家が統一教会だとは学校では絶対に言えないなと。どんな反応をされるか分からなくて、怖くて……」