文春オンライン

〈世の中が変わると評価も変わる!〉約40年続く『信長の野望』でいつの間にか“能力値が5倍以上”になった武将とは?

『信長の野望・新生』シブサワ・コウさんインタビュー#2

2022/07/24

genre : エンタメ, 娯楽

 たとえば、昔は信長に敗れたため評価されなかった今川義元ですが、今は新しい資料から「名君」だと評価されるようになりました。それを受けて、義元の政治の能力値も変化し、以前は70台ということもありましたが、今は90台と高くなっています。

政務(政治の能力)が高くなっている今川義元
かつては智謀(知略)が「13」と評価の低かった足利義昭にもシリーズの中で大きな変化が

 また、「信長包囲網」を作り上げた将軍・足利義昭も外交に関するパラメーターが90台と高く設定されるようになりました。昔とはかなり違います。社会の評価に合わせて変えた……と言えると思います。

(ゲームシーンより)

――既に約30年前の『天翔記』(1994年)で、もう女性武将が登場していますし、女性にスポットを当てるのも早かったように記憶しています。

ADVERTISEMENT

シブサワ コーエー(当時)では、女性向けのゲームも制作していました。だから違和感がありませんでしたし、ファンから「女性を活躍させてほしい」という要望もありました。

 中でもこの人を……とあげるとすると、私が好きなのは立花誾千代(立花宗茂の妻)ですね。当社のゲーム『仁王』にも登場しましたが、女武将としては一番りりしくて凛としていると思います。

 後は帰蝶(濃姫)ですね。内助の功で信長の草創期に支えていたのは大切だなあと。

帰蝶(濃姫)

――内助の功という意味では、シブサワ・コウさんと同じですね(妻はコーエーテクモホールディングスの襟川恵子会長)。

シブサワ うちのカミさんは会長で、私は社長なので“部下”ですから。それに42年前、私の誕生日にパソコンをプレゼントしてくれて、これがきっかけとなってゲーム開発が始まりましたので、頭が上がらないのです(笑)。

氷川きよしが楽曲提供、大河ドラマの地図を監修…

――40年近くシリーズが続くようになり、作品を取り巻く環境は変わっていったと思います。今作では氷川きよしさんが曲を提供していますし、シブサワ・コウさん自身も、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で「3D地図監修」も担当されるようになりました。