文春オンライン

釣り人から嫌われる毒魚「アイゴ」 “ヤバい激臭”を放つ内臓ごと食べてみた

 マルハゲ、キタマクラ、オジサン……見た目や特徴で不本意な名前を付けられた魚たち。その中でも、もっとも「辛い俗称」を持つ魚がアイゴではないか。

釣り人から忌み嫌われるアイゴ

 一部の釣り人からは、内臓がアンモニア臭いことからバリ(尿)と呼ばれている。人間界のあだ名では完全にアウトな「小便」とまで称される始末……。

 アイゴと言えば強い引きから釣り味は一級であるにもかかわらず、正体が分かった途端にため息がこぼれるほど「望まれないゲスト魚」でもある。そんなアイゴが近年、関東圏で復仇のごとく大繁殖しており、磯焼けの原因になると漁業的側面でも問題になっている。

 各方面から虐げられているアイゴの名誉を回復したい。そんな思いから釣り人目線でアイゴの利用価値を見直すべく、実際に釣って食べてみることにした。

釣り人に嫌われる理由とは

 アイゴがリリース対象となる理由は主に2つ。

 1つは前述した体内の臭いだ。魚の内臓は基本的に臭いのだが、アイゴの内臓は特に尿を連想させるアンモニア臭を含み、お腹を割いた瞬間から臭う個体もいる。釣れた直後に内臓を取り出せば問題ないとされるが、釣り場で行う手間を考えるとリリースする釣り人の方が多い。

 2つ目は毒魚であること。フグのように血液や内臓ではなく、ゴンズイやハオコゼのように鰭(ひれ)にタンパク性の毒を持つタイプだ。

各鰭に鋭い棘があり、刺されると毒が回り激痛になる

 リリースでさえ棘に刺されるリスクが生じるので、ただのエサ取りではすまない厄介な魚としてアイゴは忌み嫌われている。一部には食用としている地域もあるのだが……。