昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

イルカの“かみつき”1日6件…引きずり込まれ溺れる危険も じゃれあいがエスカレートか

source : 提携メディア

genre : ニュース, ライフスタイル, 社会

 

福井県の海水浴場に現れ、注目されている迷いイルカ。連日人に危害を加えるなどして、問題になっています。海水浴場では、1日で6件もかまれる被害が出ることもあり、地元住民から困惑の声が上がっています。なぜ、イルカがこの場所に現れ、人間に危害を加えるようになったのでしょうか。

海水浴場の浅瀬に…野生イルカの“かみつき”1日6件も

7月24日に撮影された映像に映っていたのは、砂浜のすぐ近くを泳ぎ、海水浴客に近寄っていくイルカ。しかし、海水浴客が背中に触れた次の瞬間、突如反転。足をかんできたのです。

26日、映像が撮影された海水浴場を訪れると、まず目に飛び込んできたのは、イルカに触れないよう注意を促す看板でした。トイレのところに大きく目立つよう設置され、「危険」「イルカに絶対に触らないで!ケガ人も出ています!」と書かれています。

 

福井市によると、海開き以降、越廼(こしの)海水浴場では、人がイルカにかまれる被害が度々発生。24日には、6件もの被害が報告されました。24日に撮られた別の映像には、泳いでいる人のすぐそばで見え隠れする背びれが…。砂浜には複数の幼い子供の姿も見られ、イルカがかなり浅瀬まで来ている様子が映っていました。

この日、イルカを目撃した人は…

イルカを目撃した人:
普通に野生のイルカが見られること自体が初めてでびっくりしたんですけど、けが人出ているって知って普通にびっくりはしましたね

子供と一緒に海水浴に来ていたという男性。当時のビーチの状況については、こう話します。

イルカを目撃した人:
なんか監視員の人に結構、近寄らないでとか、触らないでとか、言われてたんですけど、それでも聞かない人とかもいて
Q:イルカに触れ合いにいった?
僕はしなかったですね。イルカが近くにいる時は海から出て、ずっと外の方で見てたって感じ

注意の呼びかけがあったものの、海水浴客のすぐそばまで近寄ってきていたというのです。

z