昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

大統領公邸が民衆に占拠されたスリランカ…今何が起こっているの?

池上さんに聞いてみた。

2022/08/02

Q 大統領公邸が民衆に占拠されたスリランカ…何が起こっているの?

 ニュースを見ていると、経済危機が深刻化したスリランカで大規模なデモが起こり、デモ隊がゴタバヤ・ラジャパクサ大統領の公邸を占拠。公邸に入った人たちがプールで泳いだり、ジムでトレーニングをしたり、ベッドに寝転がったりしているようすが流れ、衝撃を受けました。

 どうして、スリランカはここまでの大混乱になってしまったのでしょうか。(50代・女性・無職)

スリランカで巻き起こる抗議デモ(7月13日) ©️AFLO

A まさに「債務の罠」にはまってしまったのです

 一言で言えば国民の支持を得ようとするポピュリズム政治家が、国の経済力に見合わない公共事業を次々に始めたということです。

 たとえば首都から遠く離れた熱帯雨林の中に1500人収容の大会議場や3万5000席を備えたクリケット競技場、巨大な国際空港を建設しましたが、どれも使われていません。

 こうした経済合理性のない建設計画に対しては、世界銀行もアジア開発銀行も融資をしてくれませんが、中国は喜んで高金利で資金を貸してくれます。結局、返済ができなくなり、中国に運営権が渡ることになります。

©️iStock.com

 スリランカのハンバントタ港も2017年7月より99年間にわたり中国国有企業に貸し出されることが決まっています。

 まさに中国の「債務の罠」にはまってしまい、財政破綻したのがスリランカなのです。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z