昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/10

 反対の南口は、とにかく異国飯が充実しています。駅を出てマクドナルドのあたりに出ると、昼から夜にかけて「串串香」という看板がでています。看板のある細い路地に行くと、回転寿司ならぬ回転火鍋屋があります。中国でもある形式の店で、客も常に中国人ばかりで中国語が飛び交うので、がっつり中国にいる気分になります。火鍋は火鍋でも日本では数少ないタイプなので体験的に面白く、SNS映えします。なによりひとりでも火鍋が食べられるというのがたまりません。

美味スーパーがあるのが北口で、異国飯店が多いのが南口だ

「ここはネパールか!」脳が混乱する異国飯屋の空間

 串串香の方角をさらに進んでいくと、スバル飲食街の中にネパール料理の「マリカ」という店があります。「スバル飲食街」で検索してみてください。飲食街とはいいますが、未舗装の小径は上級者向けの雰囲気を醸し出しています。この中に「マリカ」がぽつんとあるのです。

 中に入るまでにもハードルが高いのに、中に入ると雰囲気が実にいい。扉を開けると視界には場末感と木のぬくもりのある店内、嗅覚でがっつりくるスパイスのにおい、ぎっちりネパール食材が詰まった商品スペース、耳を澄ませばテレビから流れるボリウッド映画、もさもさと食べているネパール人……。「ここはネパールか!」と脳が混乱することうけあいの空間で異国飯屋としては100点満点です。

マリカ

 しかも世のネパール料理屋と違って「ナン、カレーセット」など出しません。ポン菓子を主食に揚げたチキンやマトンで食べる「チキンタス/マトンタスセット」を是非食べてみてください。「こんな未経験の食があるのか!」と最初は驚きましたよ。ちょっとふらっと店内の雰囲気を味わいたければ、「とりあえずチャイ」とオーダーしてもいいですし、お酒が飲みたければネパールのお酒「ククリラム」を頼んでみてください。いい感じに割って本場の酒を提供してくれます。

階段を上がった先に広がっていたのは

 マリカと並んでなかなか入りにくくて異世界体験できるのが、「ジャンナット」というバングラデシュとインドの店です。新小岩駅を背に右側を見ると西友がありますが、その方向に進んだ先にあるのが「ジャンナット」です。

 ここの1階は食堂なのに段ボールが沢山置かれていて利用できないのですが、その横に2階に上がる急階段があります。この急階段を上がった先にインドな感じの店舗が広がっています。最初は「階段を上がっていいのか?」と不安になったのですが、階段を上がった先に別世界が広がっていたのは、なんというかドラクエで隠し階段を見つけて上り下りしたときのようでした。もしも何か買おうという使命感があるならば、家で飲める紅茶か、マンゴージュースなど小さなボトルジュースでも買ってお金を落としましょう。