昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

サービス満点すぎる親子丼、カレーソースの“薄いトンカツ”、やたら短いウェイトレスのスカート…ソウルで根付く韓国流「日本食料理店」の世界

2022/06/26

 ソウルを歩いていると、日式や正統日式という看板を目にする。これは、いわゆる「日本食」のことである。

 韓国では韓国料理を略して韓食または韓式といい、中国料理は中式、日本料理は日式と呼んでいる。日食と言わず日式と呼ぶ理由は定かではないが、「食」と「式」のハングル表記は同じなので、日食が日式に転化したのかもしれない。

 正統中国料理店はとても多いが、ある中国人は、「正統を掲げる中国料理店で出てくる料理は、中国には存在しない」と話している。では、正統を掲げる日式のレストランはどうだろうか。実際に見ていこう。

“日式料理”の「丼もの」は…

 こちらは若者に人気の店の唐揚げ丼。マヨネーズがたっぷり乗っている。日本でも食べ盛りの若い学生が食べていそうな見た目で、日本でイメージされる「日本料理」とは異なるが、このあたりは“もの自体”は日本でも見かけるものだろう。

マヨネーズがたっぷりかかった「唐揚げ丼」。これはまだ日本でも見慣れた感じだが…

 しかし、「親子丼」は話が変わってくる。ある日式レストランの親子丼は、ご飯の上に鶏肉とうずらの卵、卵焼き、漬物などが載っていて、海老の握りと稲荷、海老フライが載っている。日本人がイメージする親子丼とは程遠いが、サービス満載であることはたしかだ。

サービス満載の親子丼

「呼び方が近い」からといって「実態も近い」とは限らない

 韓国にもうどんはある。日本語と同じく「ウドン」と呼び、なかでも海老フライうどんが人気である。

z