昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/10

ルミエール商店街を歩く

 新小岩の代名詞といえば、駅から見える南口のアーケード街「ルミエール商店街」でしょう。サウナがあり総菜屋が点々とあり、雰囲気はどこか関西の商店街のようです。そのルミエール商店街やその周辺を歩くと、韓国、中国、台湾、ベトナム、タイなどアジアンな店がこれでもかと出てきます。選択肢が多いので、誰かと街歩きするにも誘いやすくて素晴らしい。

ルミエール商店街の先の中華物産では日中両方わからないと読めないメッセージがあるなど、独特な世界観がある

 ルミエール商店街を歩いていくと、ガチ中華の食材店「友誼商店」があります。階段を登ってはいると、そこは中国の商店です。パッケージで売られている商品もありますが、たまに自家製食品も売っています。

 中国商店は、ルミエール商店街の出口ほか、ドン・キホーテ系列のピカソのあたりにも中国系店舗や韓国系店舗が集まっているところがあります。以前その中国の個人商店に入ったら奥のほうの部屋で中国人が麻雀を打っていまして、視覚と味覚と聴覚でいよいよここは中国と何が違うのかと唸ったものです。そうそう、池袋のガチ中華の店は中国のモールや繁華街内の飲食店の雰囲気ですが、新小岩の店は中国の住宅地に点々とある食堂の風格があります。こちらもガチなのです。

ルミエール商店街

新小岩で領土問題を感じることができるお店

 さらには、ミシュランのビブグルマンに選ばれたタイ料理点「バンコクオーキッド」があります。お手軽価格で美味しくかなりのボリュームであることから、食べるだけなら文句なくお勧めです。しかしタイ人客はあまり見ないので、客の雰囲気までガチタイとはいかないのは海外旅行気分としては惜しいところ。むしろ隣の小岩駅ならば、タイ旅行感まで味わえます。その先にはガチ中華の雰囲気を醸し出し中国人客も多い「舒氏老媽蹄花(ジョシロウマテイカ)」、セルフで具材を選ぶ中国一人鍋「麻辣湯(マーラータン)」屋が2店あります。麻辣湯は先に鍋の具を自分でピックアップし、スープをオーダーするのですが、独特なシステムで言葉もカタコトの日本語でやりとりするので中国旅行気分になれます。地元の外国人も利用するようで、ベトナム人が中国人店員に日本語でやり方を聞く場面に遭遇しました。この日本語が共通語になっている空間は、いつ聞いてもなんとも不思議です。

バンコクオーキッドはどれも絶品

 その先には数少ないガチ台湾料理屋「赤丸」、ベトナム料理屋「バインミーゴンゴン」、ベトナム食材店「ANH NGUYEN」と続きます。ベトナム食材店に入ったことがない人は、見たことない食材ばかりで驚くでしょう。遠慮なく入ってわからなければ店員にやさしく聞いてみるのも手ですし、とりあえず100円程度のインスタントフォーを買うのもお勧めです。ちなみに店の入口には大きくベトナムの地図が描かれていますが、よく見ると中国とモメている黄沙群島(中国名、西沙諸島)と長沙群島(中国名、南沙諸島)の領有をアピールしている点がポイントでして、新小岩で領土問題を感じることができます。