昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

草原の上を萩谷がテンションMAXで滑空

 2人が選んだのは、標高1370mの天狗山山頂から滑空するアトラクション「バンジップテング」。渡辺は少し怖そうにしていたが、萩谷はテンション最高潮、といった様子で思い切り楽しんでいた。

渡辺の手を取って、小さな傾斜を下る萩谷。ダンスステップのような足取りで軽やかにリードし、紳士的な一面を見せていた ©️文藝春秋  撮影/上田康太郎
標高1370mの天狗山山頂から滑空するアトラクションを楽しんだ萩谷 ©️文藝春秋  撮影/細田忠

 1時間ほどアトラクションを楽しんだ2人は、昨日と同様に湯畑へ移動し、昼食後に土産などを購入。そんなとき、突然雨が降ってきた。萩谷が持つ傘の中に渡辺が身を寄せ、親し気に見つめ合った――。

湯畑を離れた後、「道の駅草津運動茶屋公園」に寄った萩谷と渡辺。雨に濡れないよう、渡辺が助手席に乗り込むまで萩谷が寄り添って傘を差していた ©️文藝春秋  撮影/上田康太郎

 18時頃、草津を満喫した2人は揃って渡辺の住むマンションへ帰宅したが、2人のデートは終始堂々としたものだった。アイドルの第一線から身を引いた者同士、お似合いのカップル誕生といったところだろうか。

 渡辺と萩谷の交際について双方の所属事務所に事実確認を行ったが、期日までに回答はなかった。

 渡辺は乃木坂の卒業前に「ゆっくりと咲く花」という2期生楽曲に参加していた。2人が訪れた光泉寺の「遅咲き如来」のように、なかなか咲かなかった2期生がゆっくりと咲かせた花は素敵だったという内容の楽曲だ。この2人は今後、どのような花を咲かせるのだろうか。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(88枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー