昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ギャラリーの外で待ち伏せ」「性器の写真がDMで送られてきて…」50歳で“自撮り”作家へ 女性写真家(56)が語る“セクハラ被害の日常”――2022年上半期BEST5

マキエマキさんインタビュー #1

2022/08/27

2022年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。インタビュー部門の第5位は、こちら!(初公開日 2022年6月5日)。

*  *  *

 50歳でホタテビキニをまとった自身の姿を捉えたセルフポートレートで注目された、写真家のマキエマキ(56)。 

 49歳でセーラー服姿の自撮り写真を撮ったのを皮切りに、“昭和”や“場末”をテーマにしたエロスとユーモアに満ちた作品を放ち続けている。 

 大阪での個展「マキエ式」を控える彼女に、セルフポートレートを撮るにいたった経緯、その裏にあった女性ならではの背景、作家として活動する中で向けられる勘違いやセクハラなどについて、話を聞いた。 (全2回の1回目/2回目を読む)

マキエマキさん

◆ ◆ ◆

「セーラー服の自撮り」が始まりだった

ーーセルフポートレートを撮るようになったきっかけを教えて下さい。 

マキエマキ(以下、マキエ) 2015年、私が49歳の時なんですけど。行きつけのバーの常連さんたちと「みんなでセーラー服を着て飲んだら面白いよね」という話をしてて。ほんと内輪だけの小さい飲み会のためにセーラー服を買ったんですけど、それを着てスマホで自撮りしたものをFacebookにあげたら、すごく食いつきが良かったんですよ。 

 顔を写さない“顔切り”で撮ったんですけど、そうしたら「モデルさんですか?」といったコメントがついて、「ひょっとしたら、私ってまだイケる?」って思っちゃったんですね(笑)。調子に乗って仕事で使っているカメラで、顔出しのセルフポートレートを撮り出して。それをあげていったら、だんだんと広がってっちゃったという感じです。 

後年撮り直したという「セーラー服」姿(マキエマキさん提供)

ーーセーラー服の次は、どのような衣装を。

マキエ ホタテビキニです。セーラー服より面白いのって、ホタテビキニかなと思って。武田久美子さんのあれを見た時から、「これって、乙女の夢だよね」っていう感じはありました。 

ーー一気に超えますね。さすがに、ドンキのコスプレ衣装コーナーとかでもホタテビキニは売っていない気がしますが。 

マキエ 自作です。ディスプレイ用のホタテの貝殻を買って、貝殻に穴を開けて、パールビーズを通しました。電動の、ガラス彫刻用のツールを使って開けたんですけど、絶対に失敗できないなと慎重にやりましたね。 

「マキエマキ」としての初の作品(マキエマキさん提供)

ーーホタテビキニはバズりましたか。 

マキエ 最初はFacebookに載せただけだったので、内輪とその知人の知人ぐらいが「面白いね」みたいなことを言うくらいで。バズったのは、その後、グループ展に出してからです。 

z