昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“巣ごもり需要”でウサギブームも…人気の裏で社会問題化する飼育放棄【福岡発】

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル

 

ふわふわな毛並みに、つぶらな瞳。一つ一つの仕種も魅力的。

 

そんな愛らしい姿で、近年、人気を集めているのがウサギだ。コロナ禍の巣ごもり需要でのペットブームも後押しとなり、飼育する人が増え続けているという。

知能は人間の3歳児並み…SNSでウサギが話題沸騰

 

飼い主(女性):
鳴き声とかはあまり発さないんですけど、その代わり体でいろいろ、鼻でツンツンしてきたりとかが、かわいいですね。ウサギ主体っていうか、みんな親馬鹿になっちゃって。家族のみんなとけんかしなくなった

ウサギは、鳴くことがないので近隣からの苦情も出にくく、散歩の必要もないため、比較的、飼育がしやすいといわれている。

 

温厚で人に懐きやすく、知能は人間の3歳児並み。
福岡市東区の専門店には、指示に従って「お手」や「おかわり」ができる看板ウサギもいる。

「お手」や「おすわり」をするウサギも

看板ウサギといえば、SNSで話題沸騰中のあるウサギがいる。フォロワー数は、何と2万人超えだ。

SNSで話題のもっけくん(7歳)

話題になった画像は、男性が、部屋いっぱいの巨大なウサギにまたがっているもの。
垂れ耳が特徴的なもっけくん(7歳)は、人が乗れてしまうほどの大きさ…、ではなく、飼い主のTAKUMIさんが画像編集し、巨大化させたモノだ。
その衝撃的な写真は、国内だけでなく、海外からも大きな反響を呼んだ。

飼い主のTAKUMIさんが画像編集し、巨大化させたという

暑さに弱いウサギ 真夏日に水もない状態で放置され…

近年、広がりを見せるウサギブーム。
ペット保険のアニコム損保によると、保険に入っているペットはイヌ、ネコに続き、ウサギは3番目に多く、2014年からの5年間で、その数は5倍に増加している。

人気を物語る一方で、問題になっているのが…。

この中にうさぎがいます。うちでは飼えなくなりました

 

大阪府で6月、ダンボール箱に入ったまま捨てられていたウサギが発見された。暑さに弱いウサギだが、真夏日にも関わらず、水もない状態で放置されていたという。

 
 

保護した友希さん:
ダンボールを開けた瞬間、初対面の私の胸に飛び込んできた。その時に、怖かったんやろな、暑かったんやろなって。ダンボールに入れて捨てるということは、そこで死んでてもおかしくない。飼えなくなったときは、次の家庭なりほかの飼い主を見つけてほしい

z