昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈初公判でママ友が無罪主張〉福岡5歳児餓死 皮下脂肪1ミリに追い込んだ"洗脳LINE"

 福岡県篠栗町のマンションで碇利恵被告(40)の三男・翔士郎ちゃん(当時5)が餓死した事件。29日、保護責任者遺棄致死や詐欺などの罪に問われた“ママ友”・赤堀恵美子被告(49)の初公判が福岡地裁であった。碇被告への洗脳や、生活保護費を騙し取ったとされる一連の容疑を全面的に否認。無罪を主張している。

 裁判で「指示はしていません」と語ったという赤堀被告。なぜ、翔士郎ちゃんは短い命を閉じなければならなかったのか。事件を報じた「週刊文春」の記事を公開する。(初出:週刊文春 2022年6月23日掲載 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 碇利恵の三男・翔士郎ちゃんは、痩せ衰えた体を前屈みによろめかせると、リビングの床に頭をぶつけてうずくまった。

「ママ、ごめんね……」

 5歳児がか細く絞り出した、最期の言葉だった。

 2020年4月18日、福岡県篠栗町のマンションで翔士郎ちゃんが餓死した事件。保護責任者遺棄致死の罪に問われた母・碇被告の裁判員裁判が、6月14日、福岡地裁で結審した。凄惨な事件を紐解く上で欠かせないのが、同罪で起訴された“ママ友”赤堀恵美子被告の存在だ。

「碇の裁判では起訴内容に争いはなく、赤堀の“洗脳支配”による影響が判決にどれだけ反映されるかが焦点です」(司法担当記者)

碇利恵被告

 16年4月。三児を育てる碇が、同じ幼稚園に子供を転入させてきた赤堀に声をかけたのが、全ての始まりだった。碇は「30代前半の赤堀優菜」を騙るその巨躯のママと意気投合。二人が交わしたLINEのやりとりは、起きてから寝るまで1日に1000回を数えた。

赤堀恵美子被告

 だが、やがて赤堀は「他のママ友があんたの悪口を言っている」「ママ友たちのグループLINEから仲間外れにされている」などと虚言を駆使し、碇を孤立させていく。一人味方を装った赤堀を、碇は「真の友達」とますます信頼した。

z