昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

黒ひげって悪い人なの?

いとうせいこうさん ©文藝春秋

みうら ねぇ、黒ひげって悪い人なの? それに黒ひげは日本人なのか?

いとう 日本の人はあんまり樽には入らないね。あんなひげも生やさないし、あいつ、眼帯もしてた気がする。あれは海賊の顔じゃない? 

みうら ターバンみたいなのも頭に巻いてたよね。いろいろ特徴があるのに、黒ひげだけを取り上げてあだ名にするのもどうかなって思わない? 海賊なんてみんなひげ生やしてるよ。

いとう それ、大事なこと。

みうら 船の中で「黒ひげ!」って呼んだら何人も振り返るんじゃないか?

いとう 大雑把なところで人を呼ぶのは失礼だよね。

みうら 「おい、メガネ!」みたいな感じでしょ。

いとう 「そこのおっさん!」って言われて腹が立ったりね。黒ひげがどんな人なのか説明書に書いてもらわないと困るよね。首から下のファッションもわからないもん。

みうら 樽に入ってるイメージしかないからね。『雑談藝』の中でも話してる『ウォーリーをさがせ』も一緒だよね。ウォーリーもどんな奴かさっぱり知らないから探す意味すらわからない。

いとう それは大事な指摘だよ。探したからといって、ウォーリーにとってそれがいいことなのか? っていうのがまずあるじゃん。探さないでほしいから隠れているんじゃないの?

みうら でもウォーリーはもう完璧に囚人の格好をしてるでしょ。悪い奴なのかもしれない。

いとう 明るく赤の縞々にしてるけどね。

みうら そもそも悪い奴って何なのかな? 悪い奴は「ワハハハ、俺は悪い奴だ」とは言わないでしょ? 悪くないと思って悪いことをしてるのかもしれないしね。

いとう 「これ、法律通りにやってるんですよ、皆さん!」って、詐欺師は大体そう言うもんだもんね。

高崎の達磨寺で「プライベートですか?」

みうらじゅんさん ©文藝春秋

みうら 悪い奴と悪くない奴を決めることって……。

いとう 誰が決めるのかって話でしょ?

みうら そうそう。この間もね、「日常のONとOFFはどうしていますか?」って聞かれてさ。

いとう よく聞かれる。人を電気みたいに呼ぶなよって。ゆっくりOFFになったりゆっくりONになったりするでしょ。カチッカチッと切り替わると思ってるんだよね。

みうら 照明だってさ、フワーッとついたりするのに、今時パチンパチンってさ。

いとう 裸電球の時代でしょ。今の照明は「やすらぎモード」とかあるよね。

みうら ONとOFFしかないと思うんだよね、人間つーのは。間があるわけじゃない。ON寄りのOFFとか、OFF寄りのONとか。そこが日常なのにさ。

いとう とくに、我々みたいな仕事だと、急に面白いこと思いついたら、ONもOFFもないよね。人に電話かけてみたりとかするわけじゃないですか。

みうら この前、いとうさんと2人で高崎の達磨寺見に行ったとき、「プライベートですか?」って聞かれて、すごい恥ずかしかった。

いとう プライベートに見えるくらい楽しそうにしゃべってたし。

みうら ONは楽しそうにしてたらいけないってことなんだね。しかめ面してるのがONだ。

いとう しかめ面で達磨見てなかったじゃん。ずっと笑いながらコソコソしゃべってたじゃん。そうするとプライベートになっちゃう。