昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

渋谷で母娘を刺した中3少女「母親と弟を殺すための練習」という供述は本当か?

 夏休み終盤、中学生による通り魔事件が発生した。東京都渋谷区で8月20日、母娘を切りつけたとして、埼玉県戸田市に暮らす中学3年の少女・A子(15)が殺人未遂容疑で警視庁少年事件課に現行犯逮捕された。

「あの子、死んだ?」

 取り押さえた人々に、逮捕された少女は落ち着いた様子でそう尋ねたという。

事件現場となった神泉駅付近の円山町 ©文藝春秋

 警視庁担当記者が話す。

「現場は1997年に東電OL殺人事件が起きた場所からすぐの路地。夜7時半頃、53歳の母親と19歳の娘が刺されました。近くの飲食店スタッフなどがA子のナイフを取り上げるなどして母娘は命を取り留めた。A子と母娘に面識はありませんでした」

 A子は取り調べに対し、「死刑になりたくて、たまたま見つけた2人を刺した」「自分の母親と弟を殺すための練習だった」などと供述したと報じられた。

 前出の記者が続ける。

「少年事件課の幹部は当日から記者対応に追われ、彼女の供述を次々明らかにしたことから、早い段階で事件の概要が分かったかに見えました。幹部は『母親の性格に自分が似てきたのが嫌になり、母親を殺そうと思った。残される弟も可哀そうなので、一緒に殺そうと考えていた』とする供述も明かしていた。ただ犯行までの経緯が詳らかになるにつれ、供述との齟齬が目立つようになりました」

z